団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
新聞勧誘員と元恋人の演出家と元同期の幽霊と
0

    チャリティー公演に向けての練習が本格化してきました!
    既に個人練習が始まっています。チームは分かれていますが1つの公演に向けてお互いに切磋琢磨しています。
    私も負けていられません!団長です(  •̀ •́ )୨


    今回はサンタチームのお話第二弾!!

    まずは、芝居のシーンとしては一回しか出てこないのに、アンケートにめちゃくちゃ書かれるぐらい大きなインパクトを与えた、新聞勧誘員役のあっ君!!

    このズルい衣装で、猫背で、そして凄いテンションで入退場していきました(^^;

    実はこの新聞勧誘員の役もサンタチームでちょっとした取り合いになっていました(笑)
    結構本番ギリギリまで誰が付くか分からなかったので、皆交代のようで、実は我先にと競ってこの役の代役をやっていました(笑)とても良い事です(*^^*)

    そして見事この役を勝ち取ったのがあっ君!!
    キャラの方向性が面白すぎて、誰も太刀打ち出来ません(^^;

    彼はいつか何かやってくれるタイプだろうと思っていましたが、こんなに早く強烈なキャラを見せてくれるとはΣ(゚ロ゚;)

    あっ君はもう一つメインの役がありました。
    キザでプレイボーイで自分の演出としての立場しか考えていない、私だったら絶対に好きにはならないのに、何故か女にモテまくるやな奴の役です(-_-;)  演出家で元恋人の雄二。
    麻子をやった私は、この役にかなり振り回されました(T_T)

    何と言っても心の声が酷過ぎる(^^;
    恋をしている女性は盲目になるとはいえ、もう少し雄二の性格を見抜けなかったのでしょうか?
    私は今回の役、元恋人から掛けられた言葉でかなり傷つけられましたよ(T_T)

    でもその役を難なくスマートにこなすあっ君。
    君はいったい何者なんだいΣ(゚ロ゚;)

    まぁ勿論苦労するシーンもたくさんあったのですが…。言われた事を「素直にやってみる」。これが大きかったのでしょう。雄二としてやって欲しい演技をグングン吸収していきました。

    ただ一つ・・・。
    あっ君はあまりに優しすぎるので、相方の真理子役を「投げ飛ばす」という演技だけはず〜っと上手くできずに、最後まで練習に時間がかかっていました(笑)

    頭で理解できても実践は難しいですからね。こういった点ではまだまだ苦労しそうです!でも、確実に期待の星です!!

    新聞勧誘員とは打って変わって、イケメンを演じました♪


    そしてあっ君の相方の美雪ちゃん!!
    あっ君が思うように投げ飛ばしてくれない事に稽古中イライラ.....
    でも、何度も投げ飛ばされてる姿は、私には喜んでいるようにしか見えませんでした(・・;)

    そう!!美雪ちゃんも変態です!!
    あ、メンヘラかぁ。ま、似たようなもんか(笑)
    でもメンヘラである事に誇りを持っている美雪ちゃんからは「違います!似たようなもんじゃありません!!」って怒られそうだな(^^;

    そう言えばブログに書く際の二つ名が欲しい!って言ってたけど、どうなったのかな?私が付けちゃっていいのかな?

    今回、美雪ちゃんは十夢での初舞台でしたが、いきなりメイン役を手に入れました。
    演出曰く「真理子もメンヘラだからピッタリでしょ」うん。誰も否定できない(゚o゚;;

    実際稽古中も「今回はやりやすい役かもしれないけど〜」と言われていましたが、いやいや、それとこれとはまた違う…ということで、本人かなり苦しんでいました(^^;

    もう、本当に、しょっちゅう劇団終わりに泣いていました。
    でもたまに、本人もなんで泣いてるのか分からない時があります。でも涙が勝手にポロポロこぼれ落ちてくるのです( p_q)

    私は毎回自分のタオルを美雪ちゃんに渡し、美雪ちゃんは毎回次の練習の時までにそれを洗って返してくれます(^^)
    公演までにこのやり取りが何度あったことか(笑)
    もうねぇ、童謡「いぬのおまわりさん」に登場する迷子の子猫ちゃん並みに泣いてばかりいたのです。

    と、いうわけで!!

    ブログでの紹介は「迷子の子猫」で決まりですね(*^^)v

    でも、実際大きなクリッとしたお目目もちょっと猫っぽかったりします(^^)
    そんな大きなお目目で、私の元同期(つまり女優)で幽霊の役を演じた美雪ちゃんは、いつも真理子として、私の目をじっと見てくれます。
    それが私にはとてもやりやすかったし、逆に視線が外れた時には「あ、集中してないな」とか「あ、自信ないな」とかが丸分かりで面白かったです(笑)

    そんな美雪ちゃんも本番ではきっちりやり切ってくれました!
    初舞台とは思えない堂々振りの安定感だったし、恨めしそうに出てくる登場シーンはマジで怖かったです
    (>︿<。)

    次の公演では逆に基礎をしっかり学ぶ為の役に付きました。
    今回もたくさん泣いてもいいから、最後までしっかり頑張って欲しいのです(*^^*)

    センターが美雪ちゃん。写真からも怖さがにじみ出ていますね〜(笑)

    作品の事 | 19:03 | author 団長 | comments(0) | - |
    ADさんとお隣さんと弟と
    0

      ひゃ〜ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
      私自身が暫くブログ書けなかった上に、民のブログも更新されてない(・・;)

      そう!!それはきっと新しい台本ができたから!!
      そう!!台本完成したのです!!演出、大変お疲れ様でした!!
      今回の公演は十夢オリジナル作品ですよ〜!!

      今の時期、皆台詞覚えやら動き覚えやらプライベートでも色々あるようで、ブログがなかなか書けないようですねぇ(^^;

      でも、いつも十夢のホームページをご覧いただいている皆様、ご安心ください!!
      十夢はちゃんと活動しておりますm(_ _)m


      さて、すっかり間が空いてしまいましたが、今回からいよいよ第二回十夢祭のサンタチームのお話に入っていきます!!
      本当は去年のクリスマスまでには書き終わりたかったなぁ・・・(-_-;)


      まず1人目は私の心の太陽(ADさん)を演じてくれた元団員の華ちゃん!!
      私は「四月」チームでは小学生の男の子の役でしたが、こちらでは売れなくなってしまった女優の役でした。

      オープニングからオーディションのシーンがあって、いや〜な思いをするのですが、その時に明るく声を掛けてきてくれるのが華ちゃんの役でした。
      本番初っ端からいや〜な思いをするのも、その時に出た溜め息も、実は演技ではなく本気モードだったので、本気で華ちゃんの明るさに助けられました♪
      華ちゃんがADさんの役じゃなきゃ、私最後まで暗い女優を演じてたかも(笑)

      そんな華ちゃんは別にこの役をもらおうと思って劇団に遊びに来たわけではないのですが、サンタチームの誰がやるかギリギリまで決まらなかった中での突然の救世主でした†(‘ー’*)β☆*゚¨゚゚・*
      快く引き受けてくれてありがとね♪

       

      私の心配もしてくれて優しいADさんでした♡

       


      続いては隣の女「山口さん」を演じた奈美ちゃん!!
      出番は最初の方と最後の方しか出てこないのですが、かなりインパクトのあるキャラです!奈美ちゃんの苦手とする分野でしたからかなり苦労してました(^^;
      今回は演出からもかなり怒られ、あまり人前で泣く事のない奈美ちゃんの泣き顔を何度見たことか…。

      でも今回私は同時に奈美ちゃんの笑顔も沢山見てきました(*^^*)
      あれ?奈美ちゃんていつもこんなに楽しそうに練習するっけ?って思ってしまったぐらい(笑)
      積極的に沢山ある小道具の担当もやってくれて、サンタチームはかなり助けられました。

      そして本番当日、例によって例の如く演出から芝居変更の指示がありました。でも「間違えちゃったらそのままでいいよ」とも言われていたのですが、律儀な奈美ちゃんは元のパターンで一瞬やってしまったのに、
      !!!( ゚д゚)ハッ!!!!
      となって、急に動きを変えてきました!!
      私はどっちのパターンでも対応できる準備をしていましたが、元のパターンをやろうとしてからの変更パターンへの動きの切替えに、思わず本番中だというのに大笑いしそうになってしまいました(≧∇≦)

      奈美ちゃんお茶目過ぎる♡
       

      本番はこのサンタ帽に振り回された奈美ちゃんでした(笑)

       


      続いては今回私の弟役を演じたしんちゃんについて!
      弟を演じている時のしんちゃんは本当に年の離れた弟みたいで可愛かったなぁ(o^^o)♪

      練習中は「四月」の時同様、そのままのしんちゃんでやればいいものを、色々とこねくり回すものだから演出に怒られてばっかりだし、私からも「もっと普通にやって」って言われて拗ねてしまった時もありましたね。
      役者として色々考えるのは大切なことですが、勝手にやり過ぎたり、それは違うと言われた事を素直に聞けないと役者は成長しません。
      しんちゃんはそれにちょっと時間が掛かっちゃう人(^^;
      でも、結局根が素直だから次の練習の時には「何がいけなかったのか」をちゃんと聞きにきます(^^)
      そしてまた一生懸命やって、方向性間違えて、また怒られて、また凹んで、また反省して(笑)これの繰り返し。

      「四月」の公演では本番中にも演出に怒られていましたが、その甲斐あってか、弟を演じたしんちゃんは本番ちゃんとお客様から笑いを取る事ができました!

      四月の公演とサンタの公演、自分の中で何が違ったのかを把握できたかな?
      しんちゃんの更なる成長に期待なのです!!

       

      おとぼけ役でしたが、決めるところはしっかり決めてくれました!

      作品の事 | 22:51 | author 団長 | comments(0) | - |
      十夢の頼れるスタッフ達
      0

        このブログをご覧の皆様、体調は大丈夫ですか?
        先日年明け2回目の練習の際、まるで話を擦り合わせたかのように団員達から体調不良でお休みします連絡が連続で入ってきました(゚o゚;;
        元々お休みの予定だった人もいた為、まるで個人練習並に人が少なくて、計画していた練習は予定が少し変わってしまいました(´Д`;)

        それでもなんとか進められるだけ進めましたが、先行き不安な出だしとなってしまいましたね(><)

        この作品も何やら曰く付きな台本になりそうだと副団長と話していたのですが、そうならないように十分気を付けていきたいと思います!!
        ですが皆に反してめちゃめちゃ元気な団長ですp(^^)q
        本当に風邪が流行っていますので、皆さまも十分お気をつけくださいませ!

        さて、年をまたいでしまいましたが、十夢祭のご報告、今回は優秀なスタッフ達のお話です(^^)


        まずは受付4人の美人衆O(≧▽≦)O
        オールマイティになんでもこなす茜ちゃんを筆頭に、今回初めて十夢の公演に参加する笑顔がとても可愛い遥ちゃん、いつも明るく人気者のラビちゃん、今は学生生活を頑張っている星夏ちゃんが素敵な笑顔で受付をやってくれました(o^^o)♪

        4人とも気の利く子達なので、今回は受付にあまり時間を費やさなくても済んだので、本当に助かりました!

         

        左から星夏ちゃん、茜ちゃん、遥ちゃん、ラビちゃんです♪


        星夏ちゃんは今回マエちゃんの照明のサポートもしてくれました!
        実は今回の会場は照明オペがかなり難しい環境(いろんな意味で)だったので、いかにシンプルに、でもいかに効果的な照明を作るか、正直マエちゃんのオペレーター技術と星夏ちゃんの補佐の手に掛かっていたのです。

        正直、ある程度の妥協は覚悟の上でした。
        でも!!
        さすが「極め」のマエちゃん!
        こうしたいというこちらの要望を、「ちょっと待ってください」と言った後、「こんな感じではどうですか?」とやってみせてくれます( ゚Д゚) ス、スゲー!
        星夏ちゃんのサポートもあって、予定よりもちゃんとした照明が作れてホッとしましたヽ(´▽`)/

         


        本当は楽曲担当なのに、本番は照明オペをやらされるマエちゃん(笑)

        そしてSE(効果音)担当のミョンリは、練習ではサンプラー(SEの機械)となかなかお友達になれずかなり苦労していましたが、本番ではちゃんとお友達になれていましたね(*^^*)
        前回の公演よりも少し気持ちに余裕があったのか、リハの時には率先して雑務を色々手伝ってくれていました。
        本当にちょっとしたそういうところで上層部は助かるので、とてもありがたいです!
        また、本番でのトラブルに「こうすれば良かった」と反省していましたが、こちらが教えるのではなく、自分で考えて自分で気付く。これって芝居ではとても大切なこと。
        ミョンリは今回の公演でまた一歩成長したのです╰(*´︶`*)╯
        次からは役者としての成長を楽しみにしています♪

         

        本番前の最終チェック。真剣そのものですね!かっこいい♪


        そしてマエちゃん同様、スタッフ技術を毎回高めていく優秀な音響オペレーター!!有紀ちゃん!!
        今回はかなり難易度の高い、微々たる調整が必要なフェーダー操作(ボリューム調整)でしたが、見事やってのけました(o^^o)♪

        まぁ会場の設備を知らないお客様からは色々アンケートに書かれていましたが、それはあくまで会場の設備によるもので、有紀ちゃんの技術の問題ではありません。

        お客様はそんな事情は知らないですからね。お客様にも有紀ちゃんにも不快な思いをさせてしまったのは、そこの会場の下調べ不足だった私の責任です。
        ごめんなさいm(_ _)m

         

        このスタンバイ姿、惚れます♡「ドンと来い!」感が出てますね!


        そして今回、有紀ちゃんのことについてもう一つだけ書かせてください。
        有紀ちゃんは今回全部ではありませんが、選曲もある程度演出から任されていました。
        それもとっても大変だったと思うのですが、そんな中、私がサンタで使う欠かせない小道具のうちの1つ、「人魚姫の絵本」をオリジナルで作ってくれたのです!!
        世界にたった一つだけの手作り絵本です♡
        もう本当に涙出るほど嬉しかった(*˘︶˘*).。.:*♡ 
        そしてさり気なく絵本にメッセージを書き込んでくれていたというサプライズ付き♡♡♡

        ごめんなさい、嬉しすぎてちょっとした自慢になってしまいましたね(^^;

         

        本当は中身もお見せしたいのですが、怒られそうなので表紙だけ(^^;)


        そしてもう一人、今回スタッフとして重要な、忘れてはならない人!!なべちゃん!!
        本番は残念ながら本人は会場には来れませんでしたが、なべちゃんの化身が会場の入り口にはありました。
        そう!!受付にいつも必ず貼っている公演の題名を用意してくれていたのです(//∇//)
        休団中で忙しいのにも関わらず私のお願いを聞いてくれました。
        「約束だったので」とストイックな一言で、でも心を込めて書いてくれたのが伝わります(*^^*)

         


        これがなべちゃんも一緒に公演に携わってくれた「証」なのです♪
         

        私達役者は、本当に沢山のスタッフに助けられて本番を打つことができます。
        なのでスタッフを敬わなかったり、感謝を忘れる役者は私は嫌いです。
        自分たちだけでお客様を満足させているなんて勘違いしている役者も、実は沢山いることを私は知っています。

        願わくば、十夢の団員は、卒業生も含めて絶対そうならないでほしいですね(^^;

        - | 15:43 | author 団長 | comments(0) | - |
        新年のご挨拶
        0

          十夢のファンでいてくださる皆さま、十夢を応援してくださっている皆さま、いつも十夢を支えてくれている皆さま、いつもブログを読んでくださっている皆さま、いつも私に協力してくださっている(結果十夢の為になっています!)皆さま。
          昨年中も大変、大変お世話になりました。

          そして今年も変わらぬお付き合い、いえ、もっともっと深いお付き合いの程よろしくお願い致しますm(_ _)m


           

          今年十夢は大きな転換期を迎える予定です。どちらかというと変革かな。
          このことはまだ団員にすらお話していません。
          もしかしたら話が流れるかもしれません。
          もしかしたら変化が嫌いな人はやめてしまうかもしれません。
          もしかしたらやらない方が良かったかもしれないと思うかもしれません。

          でも、今十夢にとってとても必要な改革だと思っているので、結果を恐れて行動しないことは絶対にありません。
          暫し封印していた「漢団長」を今年は解き放たなければなりません(^▽^;)

          内容・結果ともにお話しできるタイミングがきたらまたブログでお知らせしたいと思います。

          でもその前にやるべき事!!
          今年6月、チャリティー公演の依頼を受けました。
          つまり十夢にとって初(旗揚げ公演やイベントを除く)の大々的な有料公演!!
          本番まで6ヶ月切りました。油断してるとあっという間に本番です。

          今まで以上に役者は責任を持って、覚悟を持って、より良いものを完成させなければなりません。
          そして今回のチャリティー公演の主催者、ライオンズクラブ様と協力し合って、よりお客様に満足いただける芝居に仕上げていきます!!

          今年も十夢はチャレンジを重ね、前進して参りますので、応援よろしくお願い致します☆

           

          舞台に立てる喜びを役者は絶対に忘れてはいけません!

          団長の独り言 | 03:31 | author 団長 | comments(2) | - |
          堀口家
          0

            もう本当に年末ですね。劇団の練習収めも仕事納めも大掃除も済ませました!団長です!


            ブログも今年はこれが最後!こまめに読んでくださっていた皆さま、本当にありがとうございました<(_ _)>

             

            今回は十夢祭「四月は」最後の組合せ!!堀口家について語っていきたいと思います♪
            健太郎演じる私も「堀口」家の一員です(*^^*)


            私は今回びっくりなことに小学校6年生になろうとしている12歳の男の子の役でした(笑)

            私の父さん・母さんを演じたのは「たいちゃん」と「あざらん」。
            この二人は今回役を演じる上で、最初の頃いくつかの共通点がありました。

            ,匹鵑覆亡萃イ辰討澆討眞陳垢話陳垢砲靴見えない
            △匹鵑覆亡萃イ辰討澆討眞陳垢禄性にしか見えない
            どんなに頑張ってみても団長は年上にしか見えない
            な貔・父性って何?
            イ海梁翹棔別髻砲領匹気分からない

             

            ・・・すみません、 銑は私が原因です(>_<)

            しかも当初は私が座長公演に参加していたこともあり、なかなか二人と一緒に練習することができませんでした。
            更には、途中から私がサンタチームに加わることになり、三人の劇団練習の参加のタイミングが合わなかったりと、なかなかちゃんとした練習ができませんでした。
            そして、たいちゃんとあざらんはお互いに今までコミュニケーションをほとんどとった事がなかったとのこと。

            堀口家、大丈夫か!?って状態でした。


            実際、正しい台詞は出てこない、間違った感情移入をしてしまう、感情が分からない等、暫くはぐだぐだでした。

            でも 銑に関しては「四月は」チームで飲みに行った時に私はチームの皆に「私が子供を演じるのではなく、皆が私を子供として接することによってお客様に子供に見えるようにしたい」と宣言しました。
            私が子供を演じようとすると、どうしても実年齢に対して「振り」が優先になってしまい、感情が疎かになってしまいます。
            結局それは嘘っぽい演技。つまり、十夢の嫌う演技をすることになってしまいます。
            なので「それをやめますよ」宣言をしたことで、皆の中にもある種の覚悟が生まれたようでした。もちろん二人も例外ではありません。

            そして二人はとにかくコミュニケーションを取って、自分たちだけで台詞の掛け合いを繰り返していたそうです。


            また、あざらんは私を子供に思えるようこんな依頼をしてきました。

            「団長、下心があるわけじゃないんですけど、稽古終わりに毎回ハグしていいですか?」

            ・・・と。
            あざらん、「下心」は余計よ。まるで本当はあるみたいじゃない(笑)

             

            たいちゃんとは別れ際に「父さん、またね!」の挨拶を欠かさないことで、ちょっとでも親子関係を築く努力をしました。
            あと、本人は何て言うか分かりませんが、初めて親子らしく掛け合いができたのは、たいちゃんがあざらんと呑んで帰ってた帰り道、たまたま私は副団長との練習をした帰りで、ばったり出会ったのでした。
            じゃぁせっかくだからと、Uターンしていつも使っている公民館前の広場で掛け合い練習をしたのです。
            そこからかな。なんとなく、私が本当に自然にたいちゃんを「父さん!」と呼べるようになったのは。なんとなくたいちゃんも変わってきたし。

             

            あざらんは時々ハグを忘れて、私が拗ねると慌てるそぶりがとてもかわいいのですが、そこがまた母さんぽかったりするし、基礎練習中のコミュニケーションダンスの際は必ず親子設定でやっていたし、段々良い意味で遠慮なく私を可愛がってくれるようになりました。
            ただ、ちょっと母性の度を越してしまったのか、未だにたまにおばさんぽくなっちゃうのですが(笑)

             

            そんなこんなで、本番近くには二人はすっかり私の取り合い。もちろん親子としてですよ!
            演出には「二人とも団長にベタベタし過ぎ!」と注意されるまでになりました。


            本番では本当に親子に慣れていたと思います。
            なぜなら誰一人、私が小学生であることに違和感を覚えたアンケートもなかったし、何より、公演が終わった後、もう親子でなくなってしまうのがとても寂しいと思ってしまったからです♪
            短い期間でしたが、二人の子供になれて本当に良かったo(^-^)o


            さて、来年も引き続き十夢祭りの事や新作の事を書いていきたいと思います。
            来年もどうぞよろしくお願い致します!

             

            作品の事 | 00:03 | author 団長 | comments(0) | - |
            • 1/16PAGES
            • >>