団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
優秀なスタッフ達
0

    こんにちは!団長です!もういよいよ本番です!

     

    さて、役者の練習も大詰めとなってまいりましたが、時間の無い中、役者が集中して練習できるのは優秀なスタッフ達のおかげです。

    本来ならこの時期はスタッフ練習に時間を費やす時期です。
    前回とキューがほとんど一緒とはいえ、やはり役者が変わればタイミングも変わる訳で…。

     

    SEの「ばたさん」は前回ご紹介した通り何でも屋さんです。
    暫く練習に来れていなかったのですが、久々に来たと思ったら色んな事が気になったよう(^^;)
    さっそく刀の修理やら私の履物の滑り止めやら、自ら声をかけてきてくれました。
    そしてSEの音も、より良い音を探す努力をしてくれています。
    今回主役の月影が尼ちゃんに変わったので、殺陣の動きも変更がありましたから、本来はたっぷり確認の時間をとってあげたいのですが、時間が無いと分かっている彼は自ら「動画で確認して練習します」と言ってくれました。
    本当にありがたいm(_ _)m

     

    そして音響の「ゆきちゃん」。一番何が不安かって、本番の環境が大きく変わること。
    前回は調光室での操作でしたので、隣に照明の瓜生さんがいました。何かあれば助け合う事も可能です。
    ですが今度の操作は客席での操作。今度は隣にばたさんがいますが、客席での操作というだけでかなりの緊張になると思います。

    そんな中、他のスタッフよりは練習ができているとはいえ、今回急遽曲が増えることになりました。
    殺陣の激しいシーンのタイミングも難しい中、曲が増えるのは殺陣と殺陣の間。
    いやー、パニックにならないか心配です(^^;)でもきっとゆきちゃんなら大丈夫!
    何といっても演出がゆきちゃんのセンスを信用していますからね!
    ある程度はゆきちゃんのセンスにお任せなのです。
    そしてゆきちゃんも家でやってきてくれる努力家です!
    本当にありがたいm(_ _)m

     

    そして今回も照明を担当してくれる「マエちゃん」。十夢のブログを古くから読んでくださっている方は「ん?マエちゃん?今回も?誰??」って思ったかもしれませんね(^^)
    実はマエちゃんとはあの名作曲家の瓜生さんのことなのです!
    何故マエちゃんなのかはそのうち話すか、十夢の他のメンバーが説明してくれるかもしれないので今回は略させていただきますm(_ _)m
    さてさて、照明のオペレーターは本番前日からしか触る事ができません。
    普段の稽古では合唱の指導や新作チームでの代役をしてくれていますが、先日の練習ではさすがに本番を意識してか、稽古場の少ない照明を使って変化させ、イメトレをしてくれていました。
    マエちゃんもばたさんと同じく極めるのが大好きな人です(笑)

    今回も初めて使う調光卓ですが、前回の様子を見てるから私は何の心配もしていません。
    むしろ信頼しています!本人は不安でいっぱいのようですが(゚∀゚)

     

    そしてもう一つ。マエちゃんにはこんな本番間近になって1つの無茶ぶりをしました。
    実は演出が今回の公演で、私のシーンに曲を入れようかと考えていると言って曲を探してくれていました。
    でもそのシーンに合う曲がなかなかみつからない。本番も近く時間が無いので私も一緒に探しましたが、一瞬良いなぁと思っても、台詞にあてはめてみるととても言いづらい。
    「マエちゃんに頼んでみようかなぁ」という思いが頭をよぎりダメ元でマエちゃんに連絡。
    「やってみます」の一言。
    マエちゃんはできない時はハッキリ断るタイプなのですが、「時間もなく」「採用されるか分からない」という条件の中、引き受けてくれました!
    どんな気持ちでそのシーンを演じているのか、どういうイメージの曲にしたいのか色々聞いてくれました。
    役者に寄り添った曲を作ってくれようとしているのが凄く嬉しかった。
    何度も言いますが、「時間の無い中」「採用されるかも分からないのに」です。
    そして最後の通常練習までに仕上げてきてくれました。
    そしてそして!無事採用されたのです!!
    私はマエちゃんのファンのうちの1人です。彼の曲はとても繊細なのです(//∇//)

     

    素敵な曲を作ってもらった以上、私も中途半端な演技はできません!
    プレッシャーです(笑)
    でも無茶ぶりに応えてくれて本当にありがとうでしたm(_ _)m

     

    そして本番当日、照明のサブに元音響の「こんちゃん」がついてくれる事になりました!これはとっても心強いのです!
    音響と照明は違うとはいえ、卓に慣れてるかどうかで大きく違います。
    もしかしたらマエちゃん1人でできるかもしれませんが、心のゆとりが違ってきますからね!
    確認したところ快くゲネからの参加を了承してくれました。
    彼女の件はこれとは別に感謝している事があります。
    それはまた別の機会に話すとしてもこんちゃんにはいつも本当に感謝なのです。


    さて、スタッフが頑張ってくれている以上、役者が手を抜くわけにはいかないのは分かりますよね?

    でも役者だって本気でやると本当に疲れるんです。それだけの集中力を使うから。

     

    それでも自分のやるべき事を忘れてはいけません!!

    とにかく全員で一丸となって頑張ります!

     

    観に来る事のできるお客様!ぜひ楽しみにしていてください!!

     

    そして今回観に来れないお客様!ぜひ無事に公演が終わる事を祈っていてください(^^)

     

     

    第13回公演
    2017年4月23日(日)
    南部青少年センター
    千葉市中央区白旗1丁目3番16号
    開場 13:30〜
    開演 14:00〜
    全席自由
    無料公演

    [あらすじ]
    昔、昔、あるところに地獄門を封印する為に己の人生をかけたお姫様がいた。
    そして、その姫を守る為に仕える2人の男。
    忍の里最強の忍者、月影。
    城内最強の武士、青十郎。
    しかし、相容れぬ考えを持つ2人はとても仲が悪かった。
    ある日、異様な空気を感じ警戒する月影と青十郎。
    その空気を切り裂いて現れたのは、全ての人間を「殺す」ことによって救おうとする第3の男、紅葉。
    紅葉は圧倒的力を奮い月影と青十郎を退ける。
    お付きの者、楓の機転で難を逃れるも、問題は解決していなかった。
    紅葉は30日後にも再び現れるという。
    「守りたい者を守る」ため、月影と青十郎の特訓が始まった。

     

    仲間の事 | 08:59 | author 団長 | comments(0) | - |
    今年入団の新人さん
    0

      皆さんこんにちは!本番が差し迫っている中、そう言えばまだ新人さんの紹介してなかった!!と、慌てて書き始めた団長です!

      今回はまとめて4人を紹介しましょう(^O^)


      1人目は新人さんの中でもちょっと早く入団した「ともみん」!

      ともみんは超キュートな女子高生です♪
      あ、ブログ読んでる人が期待して喜んでる姿が目に浮かぶ(^^;)
      でもキュートなだけではなく、とても頑張り屋さん。と言うより負けず嫌い(笑)
      自分から後に入ってきた子には積極的に色々教えてあげています。
      今回唯一台詞のある新人さんです。
      新人さん代表として頑張ってもらいたいものです♪

       

      2人目はガチのお嬢様学校に通う高校生!「かなちゃん」!
      凄いでしょ〜?お嬢様ですよ!なぜ十夢に?と謎な部分はありますが、まぁそこは気にしちゃいけませんね(^^;)
      かなちゃんはたまにボソッと面白い事を言うけど、普段はとても真面目な大人しい女の子。
      ・・・今は。
      そう!こういう子はいきなりガラッと変わる瞬間があるので、これからが楽しみなのです♪

       

      3人目もまたもや高校生の女の子!!「こはるちゃん」!
      こはるちゃんは名前の通りおっとりしてて、はにかんだ笑顔がとっても可愛い女の子です!
      でも以外と激しい動きも俊敏に動けるので、照れや遠慮がなくなり、演出の言っている言葉を理解できればすぐに先輩達に追いつけるのではないでしょうか(*^^*)


      3人も新人で高校生って凄くないですか(笑)
      でも今後は高校生は暫く十夢には入れませんので、今、十夢に入りたい全国の高校生は高校を卒業するまで耐えてください!!
      卒業したらいつでもウエルカムですよ╰(*´︶`*)╯


      そしてもう一人の新人さん!「ふうりん」!!
      ふうりんは見た目ボーイッシュな女の子。今回緋炎役の静ちゃんが髪型を真似しようか本気で悩んだぐらい男の子っぽいです。
      そしてそして合唱も何故かテノール(笑)
      ゆかちゃんはもう大喜びですよ(笑)テノール歌ってくれる女の子がもう一人いるのはとっても心強いですもの!
      そしてふうりんは本気で上手くなりたいんだなぁっていう行動をいつもしています。本人が意識的にやっているのかどうかは分かりませんが、このままいけば他の新人さんより上手くなるのが早いかもしれません。
      どんな行動をしているのかはふうりんの為にも内緒です!
      ヒントは実際にやっている時ではなく「見ているとき」。これが大きなポイントです。

      終礼ではよく「見るのも勉強」と教えていますが、ただ見ていても何も学べません!
      どうすれば自分の身になるのか、自分なりに「考えて」「見て」「学んで」いきましょうね( ・∀・)b

       

      さてさて皆様、十夢の新人さんに少しでも興味を持って頂けたでしょうか?
      興味を持たれて4月23日にお時間のある方!!

      ぜひ蘇我にある南部青少年センターにお越しくださいね(笑)

       

       

      仲間の事 | 21:48 | author 団長 | comments(0) | - |
      12月25日本番〜仲間〜
      0

        取り敢えず、クリスマスの公演については今回で終わりにできるかなぁ、どうかなぁ…と自信のない団長によるブログでございます!

        今回もまたまた団員・元団員の事についてです!

         

        まずは元団員のあさみん!残念ながら本番は体調を崩してしまい見に来れなかったのですが、そんな状態でも今回も応援メッセージを送ってくれました(*^^*)
        あさみんは公演間近になるとちょいちょい応援メッセージをくれるのですが、そのあさみんからの連絡は私にとっていつも癒しになるし本当に勇気付けられるのです♡
        団員の皆にもメッセージを伝えてはいるのですが、直接やり取り出来るというのは団長の特権だな!と優越感に浸れる瞬間であります(笑)
        これからもちょいちょい連絡くれたら嬉しいな♪

         

        お次は元団員のバルニーさん♪彼は撮影のお仕事やらイベントのお仕事やらで大忙しなのに、十夢の公演には可能な限りスケジュールを調整して観に来てくれるのです!
        バルニーさんは視力の悪い私ですら、遠くにいてもすぐに発見できます。ガタイの良さもありますが、ハンサムでオシャレなので見つけやすいのです(//∇//)
        今回も早くから会場に来てくれていたので、公演前にハグしてご挨拶。
        公演後だとなかなかお話する時間が取れないので、先にお話できて良かったです!

         

        お次は元団員のこんちゃん!こんちゃんは十夢に所属していた頃はスタッフ専属という頼もしい存在でした。その後もバルニーさん同様、ほとんどの公演を観に来てくれています♪
        そしてそして!少し余裕が出来たのか「次の公演からまたスタッフとしてお手伝いさせてください!」と言ってきてくれました。
        「喜んで!!」なのです(^^)
        団員に戻るほどの余裕は無いかもしれませんが、また一緒に時を過ごせるのは凄く嬉しい事なのです(*^^*)

         

        お次は休団中のゴンちゃんについて。彼は元々「月光を継ぐもの」で役者についていましたが、諸事情により休団。
        ちょっとシャイな彼は連絡してくる事を恥ずかしがってあまり連絡をくれないのですが、意を決して遊びに来るとやはり恥ずかしそうに、それでも楽しそうに話をしてくれます。
        そんなゴンちゃんも今回公演を観に来てくれた1人。
        公演終了後のお客様との挨拶時に彼を見付けたので話をしようと思ったのですが、いつもと様子が違う。
        その間に他のお客様とお話をしていたので、結局彼と話をできたのは撤収が終わって打ち上げ会場へ向かう時になってしまいました。
        「公演どうだった?」と率直なお客様としての感想がもらえればと思って聞いたら予想外な返事が返ってきました。
        「泣きました。物語に感動したとかじゃなくて、今、自分がそこ(舞台)に立っていないことが悔しくて泣きました。」と。…まぁ前半の一言は余計だとして(笑)それだけのものをゴンちゃんの代わりに立った役者が見せ付けたのか、芝居の全体のクオリティが高かったのか。それ以上は聞きませんでしたが、私はとても嬉しかったのです。
        芝居の出来の話ではなく、色々事情があったにせよ、役者を降りて休団した結果、本番を観て悔しいと思う。これって役者として凄く成長する切っ掛けになるのです。
        ゴンちゃんがいつか役者にだけ集中してやれる時が来たら、今日の悔しさをいつまでも忘れずにいればきっと素敵な役者になれます!
        そんな成長したゴンちゃんをいつか見れるかもと思うと、私の楽しみが1つ増えました♪

         

        そして最後は団員のニコちゃん。彼は入院していて本番に出られない予定だったのですが、本番近くに復帰したので、今回の公演に出演できました。
        打ち上げの1次会では話せなかったのですが、2次会でようやく話せた際に衝撃の事実を彼はいきなり話し始めたのです!
        実は彼、仮退院中だったとのこと!
        「こらこらヽ(`Д´)ノそういう大事な事は早く言いなさい!」と叱ってはみたものの、いつものニコちゃんの笑顔で「大丈夫です。明日も様子を見せにいくだけで、もう退院できるんで。」と呑気な回答(-_-;)
        取り敢えず無事で良かったよ(T-T)

        そして初舞台はどうだったのか聞いたところ、出番の少ない彼は舞台袖で泣いてたそうです。承認もいました(笑)
        あ、でも出番が少ないとはいえ、ゴンちゃんのように悔しくて泣いてた訳ではありません。
        私はよく団員の皆を家族の一員だと言うのですが、袖で見てた彼はその言葉を思い出し、その中に自分も一緒に存在できている事に感極まって泣いてしまったようなのです。

         

        う〜ん・・・ウチの子達は泣く子が多いなぁ(^^)心の優しい子や感受性豊かな子が多いんだろうなぁ。
        でもこういう日常の中で少しでも多く感情が出せた方が芝居に活かせることができますからね。

        皆に迷惑掛けるような感情の出し方をしたら叱りますが、そうでなければ、バンバン出していってもらって構わないと思っています。

         

        大人になるとそういう感情を出せる機会なんかどんどん減りますからね。
        皆さんの中には感情の出し方を忘れてしまった人もいるのではないでしょうか?

         

        感情を取り戻したい方は十夢の公演を是非観に来てください(笑)
        ちょっとだけ、何かしらの感情が取り戻せるかもしれませんよ(^_-)-☆

         

         

        仲間の事 | 01:48 | author 団長 | comments(0) | - |
        • 1/7PAGES
        • >>