団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
堀口家
0

    もう本当に年末ですね。劇団の練習収めも仕事納めも大掃除も済ませました!団長です!


    ブログも今年はこれが最後!こまめに読んでくださっていた皆さま、本当にありがとうございました<(_ _)>

     

    今回は十夢祭「四月は」最後の組合せ!!堀口家について語っていきたいと思います♪
    健太郎演じる私も「堀口」家の一員です(*^^*)


    私は今回びっくりなことに小学校6年生になろうとしている12歳の男の子の役でした(笑)

    私の父さん・母さんを演じたのは「たいちゃん」と「あざらん」。
    この二人は今回役を演じる上で、最初の頃いくつかの共通点がありました。

    ,匹鵑覆亡萃イ辰討澆討眞陳垢話陳垢砲靴見えない
    △匹鵑覆亡萃イ辰討澆討眞陳垢禄性にしか見えない
    どんなに頑張ってみても団長は年上にしか見えない
    な貔・父性って何?
    イ海梁翹棔別髻砲領匹気分からない

     

    ・・・すみません、 銑は私が原因です(>_<)

    しかも当初は私が座長公演に参加していたこともあり、なかなか二人と一緒に練習することができませんでした。
    更には、途中から私がサンタチームに加わることになり、三人の劇団練習の参加のタイミングが合わなかったりと、なかなかちゃんとした練習ができませんでした。
    そして、たいちゃんとあざらんはお互いに今までコミュニケーションをほとんどとった事がなかったとのこと。

    堀口家、大丈夫か!?って状態でした。


    実際、正しい台詞は出てこない、間違った感情移入をしてしまう、感情が分からない等、暫くはぐだぐだでした。

    でも 銑に関しては「四月は」チームで飲みに行った時に私はチームの皆に「私が子供を演じるのではなく、皆が私を子供として接することによってお客様に子供に見えるようにしたい」と宣言しました。
    私が子供を演じようとすると、どうしても実年齢に対して「振り」が優先になってしまい、感情が疎かになってしまいます。
    結局それは嘘っぽい演技。つまり、十夢の嫌う演技をすることになってしまいます。
    なので「それをやめますよ」宣言をしたことで、皆の中にもある種の覚悟が生まれたようでした。もちろん二人も例外ではありません。

    そして二人はとにかくコミュニケーションを取って、自分たちだけで台詞の掛け合いを繰り返していたそうです。


    また、あざらんは私を子供に思えるようこんな依頼をしてきました。

    「団長、下心があるわけじゃないんですけど、稽古終わりに毎回ハグしていいですか?」

    ・・・と。
    あざらん、「下心」は余計よ。まるで本当はあるみたいじゃない(笑)

     

    たいちゃんとは別れ際に「父さん、またね!」の挨拶を欠かさないことで、ちょっとでも親子関係を築く努力をしました。
    あと、本人は何て言うか分かりませんが、初めて親子らしく掛け合いができたのは、たいちゃんがあざらんと呑んで帰ってた帰り道、たまたま私は副団長との練習をした帰りで、ばったり出会ったのでした。
    じゃぁせっかくだからと、Uターンしていつも使っている公民館前の広場で掛け合い練習をしたのです。
    そこからかな。なんとなく、私が本当に自然にたいちゃんを「父さん!」と呼べるようになったのは。なんとなくたいちゃんも変わってきたし。

     

    あざらんは時々ハグを忘れて、私が拗ねると慌てるそぶりがとてもかわいいのですが、そこがまた母さんぽかったりするし、基礎練習中のコミュニケーションダンスの際は必ず親子設定でやっていたし、段々良い意味で遠慮なく私を可愛がってくれるようになりました。
    ただ、ちょっと母性の度を越してしまったのか、未だにたまにおばさんぽくなっちゃうのですが(笑)

     

    そんなこんなで、本番近くには二人はすっかり私の取り合い。もちろん親子としてですよ!
    演出には「二人とも団長にベタベタし過ぎ!」と注意されるまでになりました。


    本番では本当に親子に慣れていたと思います。
    なぜなら誰一人、私が小学生であることに違和感を覚えたアンケートもなかったし、何より、公演が終わった後、もう親子でなくなってしまうのがとても寂しいと思ってしまったからです♪
    短い期間でしたが、二人の子供になれて本当に良かったo(^-^)o


    さて、来年も引き続き十夢祭りの事や新作の事を書いていきたいと思います。
    来年もどうぞよろしくお願い致します!

     

    作品の事 | 00:03 | author 団長 | comments(0) | - |
    知らないおじさんとカメラマンの人と兄貴
    0

      ご無沙汰しております!皆さまメリークリスマス☆です!

       

      民の皆が書いてくれていますが、12月15日(土)「MOMOTARO」の本番を終えてきました!
      ご依頼くださった施設のご担当者様、公演を観てくださったご利用者様、施設の皆々様方、本当にありがとうございました。
      皆いつも以上に緊張していましたが、「ゆっくり」「はっきり」「お遊戯風」にやる事ができ、楽しんでいただけたようで良かったです(≧▽≦)☆
      簡単ではありますが、お礼の挨拶とご報告まで<(_ _)>

       

      めでたしめでたし♪のシーンですo(^-^)o

       

      さて、タイトル長くなりましたが、今回も十夢祭の「四月」のメンバーについて私の視点から勝手に語らせていただきます!団長です♪


      タイトルの3人は、私演じる健太郎からみた関係です!


      まず部長演じるあっさんとは掛け合い1つもありませんでした(笑)
      あっさん演じる部長が勝手に私に話し掛けますが、私は一切返事無し!
      健太郎としては「なんだ、このおっさん?」なのです(^^)

      急遽部長の役を譲り受け、頑張ってくれていたと思うのですが、あっさんが稽古に来た時は部長のシーン練習が優先になるので、ほとんど関わる事のない私はサンタチームの方に行く事になります。
      なのでどれだけあっさんが頑張っていたかはここではお伝えできずとても残念です!
      ですが十夢の真面目代表あっさんのことですから、きっと頑張っていたに違いありませんヽ(´▽`)/


      カメラマン役演じるしんちゃんとも芝居で掛け合いする事はありませんでした。

      同じシーンには存在していましたが、掛け合い一切ありません(笑)
      ただ、同じシーンに出てる時に「あいつ馬鹿だな」とこっそり父さんに言って、怒られるアドリブはありました(^^;

      しんちゃんは読み合わせの段階では良かったので、そのままでいけば大丈夫。と演出が言ったのにも関わらず、「そのまま」でいられなく、変に頑張っちゃって、色々考えちゃって、こねくり回しちゃって、結局苦労する結果に(~_~;)
      しんちゃんの不器用で、もったいなくて、愛される部分ではありますが、成長を期待したい部分でもありますね。
      しんちゃんについては、サンタブログでもお伝えさせていただきます!

       

      真ん中が部長役のあっさん、右がカメラマン役のしんちゃんです!


      兄貴と書いたのは西条役演じるいっちゃんのことです。

      本当の兄弟ではありません。咄嗟に西条がついた嘘に咄嗟に乗っかった健太郎。
      そして健太郎のどんな我が儘も、どんな生意気な部分も受け入れてくれるところは本当の兄弟以上でした!
      っていうか、私演じる健太郎の中では「西条が本当の兄ちゃんだったらいいのに」って思ってました(*^^*)
      西条とは先の2人よりはガッツリ掛け合いがありましたね(笑)

      いっちゃんも急遽サンタチームから役変更になり、遅れての台詞覚えと役作りだったので大変だったと思います。
      でもいっちゃんは決して「自信ありません。やりません。」とは言いません。

      いつも適当な、本気か嘘か分からない雰囲気を持っていますが「やるからには頑張ります」と言い、自分なりにどうしたいのかの意見もちゃんと言えます。


      本当に少しずつですが、成長しているので、今後が楽しみな役者さんです(*^^*)

       

      リハーサル風景。左が西条役のいっちゃんです!


      今回は芝居中ではあまり関わらなかったメンバーのお話でしたヽ(´▽`)/

      作品の事 | 16:17 | author 団長 | comments(2) | - |
      桐島家
      0

        十夢祭が終わって早10日。早速次の稽古に入りました!
        ですが私は毎回恒例、公演が終わってからの今回の芝居に関わった人達の事を、私の勝手な目線で本番以外の事も含めてお話していきたいと思いますヽ(´▽`)/
        いつでも自由!!団長です♪


        まず今回は「四月になれば彼女は」でメインどころを担当していた桐島家の人々を演じた役者達のお話をしたいと思います。

        桐島家の役者は数人ブログを書いていますが、本人達の気持ちとは別に、あくまでも私の目線で書いちゃいます(笑)


        まずは主役演じた静ちゃん。
        十夢のオリジナル作品はある程度宛役だったりするので、比較的役に入り込みやすかったりします。
        でも今回は既製の台本での主役。かなり大変だったんじゃないかな。
        でも「月光」で緋炎という難しい役も、「熟食べ」での狂気に満ちた役も、「やわちき」では裏方的なお仕事もかなり頑張ってくれた静ちゃんなら、今回の主役を任せても大丈夫だろうと白羽の矢が立ちました。

        なのに・・・暫く経って稽古中にまさかの怪我(T-T)
        暫くの間、稽古をお休みする事になりました。
        でもそこで折れる事なく、彼女は最後まで演出にも耐えて頑張ってくれました!
        さすが「体力無くても根性」の静ちゃんなのです(笑)


        そして姉妹役のふーりん!仲間からも言われていたようですが「四月」で今回一番成長したのは彼女でしょう。ある種の覚悟的なものが見受けられました。
        あきら役を「好きです」と最初から言ってくれていました。
        それもあったのでしょうが、とにかくいつでも一生懸命で役に真剣に向き合っていましたから、その分成長も大きかったです。
        個人的には学校のシーンを何度も一緒に練習していたので、ふーりんとのあのシーンの思い入れは強いです♡


        続きまして彼女達の母親役演じためぐみちゃん。彼女も今回かなり苦労したうちの一人でしょう。
        どう演じたらいいのかまったくの手探り状態(笑)
        でも意外にも(?)彼女には母性本能があります。本人がそう思っているかどうかは別ですが。
        なので、私が団長であるにも関わらず、早い段階から私のことを子供として話し掛けてくれてたのはめぐみちゃんが一番早かったかもしれません。
        いや、「かも」ではないな。
        なのでもっと早い時点から彼女には自信を持って欲しかったかな(^^;


        そしてめぐみちゃんのお姉さん役の望ちゃん!この二人は息がピッタリですね♪本当に姉妹みたいでした(笑)
        そして望ちゃんは常に「四月」のメンバーを引っ張ろうと頑張ってくれていました。皆の頼れる憧れのお姉さんなのです!そしてそれがそのままおばさん役にも良い感じで反映されていました!
        そんな彼女は当然のようにアンケートでも褒められまくっていました。
        次回公演の主役を張るに相応しい女優さんなのですヽ(´▽`)/


        「四月になれば彼女は」
        このタイトルの「彼女」とは一体誰の事でしょうか?
        私の中では上記4人のそれぞれが当てはまると思っています(^^)
        もちろん私の勝手な捉え方です♪

        でも、そう捉えてこのお芝居を見てみると(見に来て頂いた方は、そう思って思い出したりしてもらえると)ちょっとまた違った視線でこの物語が楽しめるのではないでしょうか╰(*´︶`*)╯


        そして、実際は桐島家の血縁ではありませんが、桐島家を彩る黒一点の役を演じたあまちゃん!
        キャラはとっても合っていたのですが、仕事が忙しく後半は体調不良も重なり、稽古にほとんど参加できないというハプニング(T_T)
        ギリギリまでヒヤヒヤしましたが、なんとか本番を乗り切る事ができました(*´`)
        ぶっちゃけ途中で辞退してしまうのでは?と不安にも思っていましたが、私の中では信じるのみ。ちゃんと話を聞いてあげられれば良かったのですが・・・。
        でもちゃんと最後まで投げ出さずにやってくれました!


        桐島家を演じた女性陣は皆強くてしっかりしてますからね(笑)
        お互い助け合って最後まで乗り切りました。
        大変な事も多かったと思うけど、全ては次へと活かされていくのです!


        次の公演もそれぞれの与えられるポジションがありますが、どう頑張っていくか・・・
        それは今回の十夢祭を糧に、役者自身で考えていかなければなりません!


        役者って大変だぁ(^◇^;)

         

        全日の仕込み中、桐島家は何度も台詞合わせをします。必死です!!

         

        こちらはリハーサル風景。2本の通しをする時間が無い為、場通し中。

        作品の事 | 02:08 | author 団長 | comments(0) | - |
        • 1/9PAGES
        • >>