団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
愚猿
0

    今回からは本番までに役や役者紹介、スタッフについて簡単にご紹介させていただきたいと思います。団長です!

    まずは愚猿から!!
    【愚猿とは】
    環境破壊された地球で、突如として現れた謎の生物。
    体中黒い肌と体毛で覆われ、体型はその名の通り猿に近い。現在の劣悪な地球環境にも適応しており、食物連鎖の頂点に立つ。

    愚猿についてもっと詳しく知りたい方はこちら!!↓
    https://himawari.tomu.tv/

    愚猿演じるメンバーは
    まず群れを取りまとめるボス役のいっちゃん!実際愚猿チームのリーダーも務めてくれています。

    見た目も動きも本気で怖いです!!
    私の演じる和泉にとって、本編で関わることはありませんが、私の過去に関わってくる重要なキャラです。
    何があったのかは本番を見てからのお楽しみ(!?)です!!

    本編では三上演じる近藤さんや、主役演じるたいちゃんとカッコイイ殺陣をたっくさん魅せてくれますので、楽しみにしていてくださいね(o^^o)♪
    そしてちゃーんと観てて気が付いたら、最後はグッと泣ける展開となっております(^^)
    台詞は無く、演技だけで見せますのでお見逃しなく(*´꒳`*)b
    でも気付かなくてもかっこいいので、胸躍ると思います!

    リーダーのいっちゃんがお休みの時は、十夢の古株めぐみちゃんと、運動神経抜群の華ちゃんが愚猿チームを取りまとめてくれています!
    自分のことだけでなく、常に周りを見ることができる意識の高い2人です!

    同じく古株のしんちゃんと、舞台経験は皆無に等しいみょんりーは、だいぶ殺陣に苦労しています。
    でも他の誰よりも個人練習への出席率は高く、迷惑を掛けたくない、どうにかしたい、遅れを取りたくないという前向きな気持ちで頑張っています!!

    そして新人のしばみー。だいぶ遅れての愚猿チーム仲間入り!愚猿チームは殺陣以外にもやらなければならない事が沢山あるのですが、新人さん特有の必死さであっという間に他のメンバーに追い付きました!!
    凄い新人さんが入ってくれて嬉しいです(^^)


    今回の物語、愚猿はなくてはならない大きな存在!
    愚猿には愚猿の物語があるのです!やってる役者達は今、それをどこまで意識してやれているのでしょう?
    舞台に立つからには常に自分が主役であって欲しいです。

    残り短い期間、幾つかの役を掛け持ちでやっている皆には、それぞれの役の生き様を意識して演じてもらいたいですね(^^)
    そういった意味での楽しみ方を知っていると、どんな役でも必死に一生懸命やれます。

    そしてそんな一生懸命な彼らの姿を見て、お客様も元気が出てくれたり、モチベーションになってくれたら、こんな嬉しいことはありません(o^^o)♪

     

    作品の事 | 21:53 | author 団長 | comments(0) | - |
    審査員と黒いスーツのサンタさん
    0

      なんだかんだやっていたら、すっかりブログ書くの遅くなってしまいました(;^_^A
      このままあっという間に、本番までのカウントダウンがすぐに始まるんだろうなぁ(-_-;)
      でもライオンズクラブ様との打合せもだいぶ進みました!・・・とは言ってもほとんど演出が対応してくれたのですが(^^;
      でも代表はちょっと頼りないぐらいの方がいいと、いつも勝手に思っています!団長です♪

      さて、遅くなりましたが、第2回十夢祭りのお話は今回で終わりになります。最後を締め括るのは我が劇団十夢の副団長と演出です(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ


      まずは審査員演じた演出!!

      ・・・演じてたのかな・・・(-_-;)
      冒頭しか出てこないのですが、これがまたキャラが濃いのです。いや、むしろナチュラル過ぎて「濃い」ことすら誰も気付かなかったかも(^^;
      いるいる、こういう嫌味で恐い審査員!ってやつなのです。
      でも、どちらかというと、私達役者が演出の言いたい事が伝わらなかったり、やれなかった時に見せるお怒りモードの演出オーラを、芝居でやってみせたって感じでした。

      麻子演じる私は勿論のこと、十夢の団員全員が、演出の演技に怖さで震え上がっていたはずです(笑)
      実際、演出の演技見て皆思わず笑ってましたからね(ひきつり笑いってやつ!!)。
      人は本当に恐怖を感じた時、何故か笑ってしまうという不思議な生き物なのです(´ー`*)ウンウン

      ですがあまり演出の練習に時間を掛けてあげることができなかったからか、本番は何となく、なんとな〜く、緊張しているように見えました!
      演出にも人間らしい部分があったのだと、ホッとしたのも束の間!!
      嫌味な溜め息つかれ、アドリブでさり気なく傷付く言葉を吐かれ、本番中にとことん凹まされました(T^T)

      その後の演出の出番は「声」のみでしたが、こちらもシーンの雰囲気をしっかり作ってくれていました。さすがの一言なのですm(_ _)m

       


      もう、この衣装と立ち方だけでビビります(笑)


      そして最後は今回私の相方をつとめてくれた副団長!!
      おそらく今回一番大変だったのは座長を務めたうるっしーでしょう。

      ある程度台詞が入った後、しかもある程度他の人との掛け合いに慣れ始めた頃に、突然私が相方として参入・・・いや〜、私は私のスタイルでやりますからね。私に慣れるまですっごくやりずらかったと思いますよ(^^;
      もちろん私は私で迷惑を掛けないように速攻で台詞を覚えましたが…(^^;

      基本的に私達の練習は稽古中に時間を取れないので、本番近くまではひたすら放課後練習と個人練習の繰り返し。
      まぁ、幸い過去にガッツリ相方をやっていたこともあり、以前のように無理に必死にコミュニケーションを取る必要がなかったので、ひたすら練習に時間を掛ける事ができました。

      ただ、私は「四月」の作品にも参加していた為、私や演出が「四月」に行っている間は、副団長のうるっしーが他のメンバーの指導をしなければならなかったので、本当に気苦労が絶えなかったと思います。

      でも、周りの子達もそれを理解してたのか、うるっしーの人柄か、とにかくサンタチームは良い意味で皆仲が良かったし、協力的でした(*^^*)

      だからかな。本番もとにかく安定してました!ただ、前半はテンポ良くと演出に言われていたのを意識しすぎて、ちょっと駆け足になってしまった感はありました。
      そして前半の二人芝居の間、2人ともあまりにテンション高すぎてたらしく、演出は袖で見ていて「このままで最後までもつのか!?」とヒヤヒヤしていたそうです(笑)

      まぁ、大きなトラブルもなく、結果無事終わらせることができたのですが(*^^*)

       

      大好評だった、うるっしー演じる黒いスーツのサンタさん♪


      この度、十夢祭をご覧いただいた皆様、応援、ご協力くださった皆様、あらためてありがとうございましたm(_ _)m

      十夢は今、全員で初のチャリティー公演に向けて地獄を味わっています!!お金頂くからには、素人劇団の私たちは地獄を見なければ責任が取れません。
      そんな私たちの次回公演、ぜひ楽しみにしていてください!!そしてこれからも変わらぬ応援、よろしくお願い致します♪

      作品の事 | 15:48 | author 団長 | comments(0) | - |
      新聞勧誘員と元恋人の演出家と元同期の幽霊と
      0

        チャリティー公演に向けての練習が本格化してきました!
        既に個人練習が始まっています。チームは分かれていますが1つの公演に向けてお互いに切磋琢磨しています。
        私も負けていられません!団長です(  •̀ •́ )୨


        今回はサンタチームのお話第二弾!!

        まずは、芝居のシーンとしては一回しか出てこないのに、アンケートにめちゃくちゃ書かれるぐらい大きなインパクトを与えた、新聞勧誘員役のあっ君!!

        このズルい衣装で、猫背で、そして凄いテンションで入退場していきました(^^;

        実はこの新聞勧誘員の役もサンタチームでちょっとした取り合いになっていました(笑)
        結構本番ギリギリまで誰が付くか分からなかったので、皆交代のようで、実は我先にと競ってこの役の代役をやっていました(笑)とても良い事です(*^^*)

        そして見事この役を勝ち取ったのがあっ君!!
        キャラの方向性が面白すぎて、誰も太刀打ち出来ません(^^;

        彼はいつか何かやってくれるタイプだろうと思っていましたが、こんなに早く強烈なキャラを見せてくれるとはΣ(゚ロ゚;)

        あっ君はもう一つメインの役がありました。
        キザでプレイボーイで自分の演出としての立場しか考えていない、私だったら絶対に好きにはならないのに、何故か女にモテまくるやな奴の役です(-_-;)  演出家で元恋人の雄二。
        麻子をやった私は、この役にかなり振り回されました(T_T)

        何と言っても心の声が酷過ぎる(^^;
        恋をしている女性は盲目になるとはいえ、もう少し雄二の性格を見抜けなかったのでしょうか?
        私は今回の役、元恋人から掛けられた言葉でかなり傷つけられましたよ(T_T)

        でもその役を難なくスマートにこなすあっ君。
        君はいったい何者なんだいΣ(゚ロ゚;)

        まぁ勿論苦労するシーンもたくさんあったのですが…。言われた事を「素直にやってみる」。これが大きかったのでしょう。雄二としてやって欲しい演技をグングン吸収していきました。

        ただ一つ・・・。
        あっ君はあまりに優しすぎるので、相方の真理子役を「投げ飛ばす」という演技だけはず〜っと上手くできずに、最後まで練習に時間がかかっていました(笑)

        頭で理解できても実践は難しいですからね。こういった点ではまだまだ苦労しそうです!でも、確実に期待の星です!!

        新聞勧誘員とは打って変わって、イケメンを演じました♪


        そしてあっ君の相方の美雪ちゃん!!
        あっ君が思うように投げ飛ばしてくれない事に稽古中イライラ.....
        でも、何度も投げ飛ばされてる姿は、私には喜んでいるようにしか見えませんでした(・・;)

        そう!!美雪ちゃんも変態です!!
        あ、メンヘラかぁ。ま、似たようなもんか(笑)
        でもメンヘラである事に誇りを持っている美雪ちゃんからは「違います!似たようなもんじゃありません!!」って怒られそうだな(^^;

        そう言えばブログに書く際の二つ名が欲しい!って言ってたけど、どうなったのかな?私が付けちゃっていいのかな?

        今回、美雪ちゃんは十夢での初舞台でしたが、いきなりメイン役を手に入れました。
        演出曰く「真理子もメンヘラだからピッタリでしょ」うん。誰も否定できない(゚o゚;;

        実際稽古中も「今回はやりやすい役かもしれないけど〜」と言われていましたが、いやいや、それとこれとはまた違う…ということで、本人かなり苦しんでいました(^^;

        もう、本当に、しょっちゅう劇団終わりに泣いていました。
        でもたまに、本人もなんで泣いてるのか分からない時があります。でも涙が勝手にポロポロこぼれ落ちてくるのです( p_q)

        私は毎回自分のタオルを美雪ちゃんに渡し、美雪ちゃんは毎回次の練習の時までにそれを洗って返してくれます(^^)
        公演までにこのやり取りが何度あったことか(笑)
        もうねぇ、童謡「いぬのおまわりさん」に登場する迷子の子猫ちゃん並みに泣いてばかりいたのです。

        と、いうわけで!!

        ブログでの紹介は「迷子の子猫」で決まりですね(*^^)v

        でも、実際大きなクリッとしたお目目もちょっと猫っぽかったりします(^^)
        そんな大きなお目目で、私の元同期(つまり女優)で幽霊の役を演じた美雪ちゃんは、いつも真理子として、私の目をじっと見てくれます。
        それが私にはとてもやりやすかったし、逆に視線が外れた時には「あ、集中してないな」とか「あ、自信ないな」とかが丸分かりで面白かったです(笑)

        そんな美雪ちゃんも本番ではきっちりやり切ってくれました!
        初舞台とは思えない堂々振りの安定感だったし、恨めしそうに出てくる登場シーンはマジで怖かったです
        (>︿<。)

        次の公演では逆に基礎をしっかり学ぶ為の役に付きました。
        今回もたくさん泣いてもいいから、最後までしっかり頑張って欲しいのです(*^^*)

        センターが美雪ちゃん。写真からも怖さがにじみ出ていますね〜(笑)

        作品の事 | 19:03 | author 団長 | comments(0) | - |
        • 1/11PAGES
        • >>