団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
和泉さんの役作り ーその◆
0

    ここにきて風邪(?)などひいてしまいました(>_<)
    咳が止まらず、声枯れまくりの団長です!
    一週間後の8月18日(日)に華ちゃん演出の身内公演があるので、早く治さねば(>_<)

    今回は前回の続きで、和泉さんの役作りについてお話していきたいと思います(^^)

    和泉さんを演じるにあたって一番難しかったのが「優人問題」。お話の中には何度も登場してくるのですが、舞台上で絡む事は一切ありません。優人はもう亡くなっているのです。優人は守さんと和泉さんの子供です。私も、守さん演じるうるっしーも子供がいません。子供に対する愛情がどれほどのものか分からない私たちが、想像の中だけでどこまでやれるのかとても心配でした。

    でも最初の頃は相方のうるっしーも私も変に相方慣れしていて、ちょっとコミュニケーションの取り方が雑になっていました。結局それは演技にも反映してしまいます。それを感じた私は不満に思い、2人で話す機会があったときにその不満をぶち撒けました。今思うとかなりきつい言い方だったと思いますが、そこから彼は変わっていきました。

    その後、役作りの一環として子供の名前は自分たちで決めたり(ちゃんと姓名判断までして決めたんですよ♪)子供の性格を考えたり、イメージ画像を探したり。
    なので最初の頃はそれなりに感情も作れて、優人の話をするシーンでは無理せず涙が出てきたりしていました。

    ところが・・・ある日感情がプツンと途切れてしまったのです。あ、この感覚嫌だなぁ。前にもどこかであったなぁって思っていたのですが、間違いなくありました。「月光」の時に衣伏さんをやった時の感覚です。過去のブログを読んで確信しました。

    http://dancho.tomu.tv/?page=1&month=201708

    当然のことながら、和泉さんをやるにあたって優人問題だけに取り組めばいいわけではありません。総合的に和泉さんの役作りをしていかなければ、結局優人問題も解決しないのです。

    私は今回の役、中途半端な気持ちではやれないなぁと思っていたのですが、中途半端な気持ちでやりたくないと思っていた衣伏さんの時と同じように、役作りの配分を5:5もしくは6:4でやることを目標にやっていました。
             
    でも多分、恐らくそれが途中から感情がプツンと途切れた原因の一つかもしれません。
    その間にも他の役者は続々とレベルを上げていきます。人の役と自分は違うと分かってはいても、周囲のレベルアップはやはり滞っている私にとっては焦るばかり。
    焦りに焦っている姿はさすがに相方にも伝わり、稽古後の練習には掛け合い以外にも優人の事を一緒に沢山考えてくれました。

    そしてとうとう普通ではあり得ない練習方法に変えました。今までの経験が通用しなくて、たくさんイメージしてもダメなら「もう、これしかない!!」という苦肉の策に出ました(^^;)
    当然優人の父親を演じなければならなかった相方を巻き込まなければ意味がありません。
    でもホント、普通の人が聞いたら引くか、頭大丈夫か確認されそうな内容でしたが、うるっしーも優人問題はかなり感じていたようで、私の提案した狂った策にすぐに乗っかってくれました(笑)
    とはいえ、これが絶対的な効力を発揮する保証はなかったし、この策を上手く活用できなければ意味がありませんでした。
    具体的にどんな策かは話せなくて申し訳ないのですが、最初はやはり上手く活用できず、でも他の場面での役作りが本格化するにつれ、その策の効果も私の中ではどんどん活きてきました。

    そして同時進行で常に和泉さんとの対話も忘れない。割合の調整は難しいですが、衣伏さんの時にやったことが少しは活かされたようです。

    そして何故か蛭田役のあっさんが、ちょっとしたサプライズで私たちの優人問題の助けをしてくれました(笑)
    あっさんは結構サプライズ好き。というか、人が喜ぶことをするのが好きなんでしょうね(^^)


    めちゃくちゃ長くなりましたが、結果、一番恐れていて、一番苦労して、一番時間の掛かった優人問題は、なんとか本番までには形にできたと思います。


    本番が終わり、和泉さんをやり切れたかと問われれば、レベル的に言ってしまえば「数年後ならもっとやれるかもしれない」と思いはしますが、今の私にできる範囲でなら「やり切った」と言えますし、後悔していないかと問われれば「後悔していない」と胸を張って答えることができます。

    和泉さんという役はとにかく難しい役でしたが、役者として、また一歩前進させてくれた役であったと思います。

    今後しばらくは難しい役からは外れるので、この気持ちを忘れず、また難しい役が来た時には逃げずにチャレンジしていきたいな(*^^*)

     

    初めてのチャリティー公演、無事終了です!

    作品の事 | 02:23 | author 団長 | comments(0) | - |
    和泉さんの役作り ーその 
    0

      先日スマホをアンドロイドからiPhoneに機種変更して、あまりの使いづらさに四苦八苦中です(・_・;
      使い方に詳しい方が優しく教えてくれて「1ヶ月あれば大丈夫です!iPhone好きになれますよ!」と励ましてくれました。優しいなぁ(*'▽'*)
      その言葉を信じて、今の機種とお友達になろうと頑張っています♪団長です!


      さて、いつひまの公演が終わって早1ヶ月ちょい。
      今回は自分の役作りを振り返ってみようと思います。
      半分備忘録でもあるので、興味のある方だけ読んでいただければ(^^)

      まずこの台本をもらって役が決まった時に一番に思ったこと
      「うわぁ、この役難しい!!」・・・です。
      読み合わせから始まり、動きに移行してもこの第一印象は変わることはありませんでした。言うなれば、最後まで変わらなかったですね。

      何が難しかったかというと大きく3点あります。

      一つは和泉さんは記憶障害があり、普段の穏やかな性格から狂暴な性格へと豹変します。
      もちろん"フリ"だけで良ければ簡単にできたかもしれません。それでも"かも"です。
      当然細かな演出が入り、言っている事は理解できるのに、表現できない自分にイライラし、悔しくて悔しくて・・・
      そしてその表現に感情を乗せるとなるとさらに難しくて、結局本番ギリギリまでかかってしまいました。
      ただこれについては何度か通しをする中で少しずつ掴める事ができました。

      もう一つは全体の表現そのもの。
      今まで私がやってきた演技は基本的には感情を表に思いっきり出す、例えるならば「赤い炎」を表現すれば良かったのですが、和泉さんの役はそうはいきませんでした。
      和泉さんの役は「青い炎」つまり静かではあるけれども赤い炎よりもより芯の部分で熱い感情。
      今回赤い炎は若い役どころの人たちに任せると決めていたので、青い炎はしっかり表現していきたかった。
      結果的に自分の演技が青い炎で表現できていたかと言えば、正直自信はありません。
      見る人によっては赤い炎だったかもしれないと思うのです。
      役者として、自信を持ってしっかり青い炎が表現できるようになったら大きな成長だと思うので、それが私自身の今後の課題です(´ー`)


      さてちょっと長くなりそうなので、今回はここまで!
      次回はこの続きになるので、早めに更新できるように頑張ります♪

      そして、ちょっと告知させてください!
      今、十夢の神である演出が不在でして、その間十夢に残った役者陣が交代で演出をやるという企画期間中です。
      その第一弾が8月18日(日)船橋中央公民館の第8集会室で公演することが決定しました!
      19時45分開場20時開演
      10分弱の芝居となっています。
      身内公演となってはいますが、誰でも見れます(笑)
      仕事帰りにちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
      ぜひお待ちしております♪

       

       

      前回の練習では仮衣装を着ての稽古をしました!

      作品の事 | 00:45 | author 団長 | comments(0) | - |
      いつひま本番
      0

        先週とうとうスマホが壊れ、なかなか不便な生活を強いられていました、団長です!
        依存しているつもりはありませんでしたが、ブログを書くにもスマホ使ってたし、連絡のやり取りや、稽古写真撮りたくても撮れないなど、結構不便でした(^^;

        さて、続きがかなり遅くなってしまいましたが、今回はいつひまの本番について!

        まず出席確認した後は役者はすぐに舞台上や舞台袖の現状復帰。その間に演出はリハで問題のあったスタッフ側の確認。
        今回の会場は袖からの出はけが色々問題あった為、愚猿リーダーのいっちゃんの指示の元、愚猿の皆で改善を試みてくれました。
        上手側は特に問題あってどうしようと思っていたのですが、上手く改善してくれてあって本番は本当に助かりました\(^-^)/

        その間、メインとスタッフは頭から通していき、スタッフに都度都度問題が無いかを確認しながら進めていきます。
        スタッフに合わせ、役者も導線を変えなければなりません。いつもの事とはいえ、やはり緊張の時間です。短い時間でかなり集中して覚えなければなりません。
        そして愚猿も当然自分達の出番になったらその通しに参加しなければならないので大忙しです(^_^;)

        そんなこんなで最期の通し稽古は終わりました。
        後は各自ゆっくり休んで集中に努めるのみです。

        その間、上層部は最後のお仕事。
        そう、今回は十夢主催の公演ではありません!きっちり最後まで打ち合わせをして不備の無いようにしなければなりません。「チャリティー公演に慣れてないから仕方ないよね」では許さないのです!お客様にご迷惑お掛けするわけにはいきませんからね(^^)

        そしていよいよ本番一時間位前。ご好意で頂いたバルーンの前で全員で記念撮影٩(^‿^)۶その後は舞台上での写真撮影(笑)

         

        写真撮られていることに気付いていない人たち・・・(^_^;)

         

        後ろ2列が同じポーズをしていること気付づいてない1列目数人・・・。


        ここから本番までは怒涛のように早く時間が流れていきます。
        会場時間まで残りわずか。まずは普段メインキャストが稽古後にやっていた掛け声を全員でやり、続いて船橋グリーンライオンズクラブの皆様全員と掛け声、そして最後にもう一度いつもの十夢の掛け声をやりました!
        3回も掛け声やったの初めてです(笑)
        そして各自最後の確認やハグタイムが始まります。スタッフは一足先に所定の位置へ。緊張マックスの時間です(・_・;

        ハグタイムが終わる頃には、主催者側の関係者の方々による挨拶が時間きっちりに進んでいきます。大抵の場合、挨拶は長くなりがちですが、時間通りに進めてくださったのは流石の一言でございます。

        そしてブザーが鳴り、本番スタート!!
        無事幕を降ろすことができました。。。

        それぞれがそれぞれの力を出し切る事ができた公演だったでしょうか?
        お客様からの感想も色々あったように、団員の皆もやはり色々な想いがありました。
        経過はどうであれ、お客様は結果しか見ることができません。
        今回は有料公演でした。私たちはその責任を取ることができたでしょうか?
        少なくとも完璧とは言えない仕上がりに、皆は何を思い、これからどうしていくのか?

        芝居を続けるって、楽しいだけじゃなく、大きな責任が伴うことを、残ったメンバーは自覚して成長していかなければなりません。

        お褒めの言葉を心の支えに、ご指摘いただいた事はこれからの課題として、私たちはこれからも頑張って続けていきます^_^

         

        作品の事 | 01:13 | author 団長 | comments(0) | - |
        • 1/14PAGES
        • >>