団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
「華演出」による身内公演のご案内
0

    毎日暑い日が続いていますが、皆様、体調崩さず元気にお過ごしでしょうか?
    犬と一緒にゼーハーゼーハーしながら、なんとか毎日をやり過ごしています(~_~;)団長です!

    さて、先日サクッと身内公演のご案内をさせていただきましたが、本番が近いのであらためてきちんとご案内させていただきたいと思います♪

    月日:8月18日(日)
    場所:船橋市中央公民館5階  第8集会室
    開場:19時45分
    開演:20時
    上演:約12分
    演目:カレの贈り物

    もし早く着いてしまった場合は、お隣第7集会室を待機場所として18時〜用意してありますので、そちらでごゆっくりとお寛ぎくださいませ(^^)

    先日は上演時間を10分弱とご案内しましたが、若干の演技変更と正確な時間を確認したところ、12分前後でした!
    どちらにせよ短い公演ではありますが、決して手は抜きません!!

    むしろ丁寧な芝居を心掛けて作成してきましたd( ̄  ̄)

    あっさんとめぐみちゃん主役で、とても素敵な物語を見せてくれますが、奈美ちゃんの演技がとても強力なスパイスとなっていて、更に素敵な物語を生み出してくれています(°▽°)

    テーマ的にはラブコメなのですが、思ったよりもキュンキュン要素の強い仕上がりになってしまったので、皆さま思いっきり笑ってキュンキュンして、幸せな気持ちになってお帰りいただければ幸いです♡

    華ちゃんと私もお飾り程度で参加させていただきますし、今回の公演もしっかり、十夢の楽曲担当マエちゃんの曲が使われます♪

    そして本番中は照明・音響を担当してくれる、相変わらずエキスパートなマエちゃんのことも是非観に来てくださいね(^o^)/
     

    スタッフには頭の上がらない役者たち(笑)実際にはマエちゃんはこんなに偉そうにしませんよ♪


    身内公演と言いつつ、ここまでガッツリご案内させていただいているのは、つまり結局は誰でも観に来て大丈夫ということでございます(笑)
    本当に遠慮なく観に来てくださったら凄く嬉しいです(*^^*)

    あ、でも部屋が狭く席数が少なめなので、ホントの身内(団員)の方はもしかしたら立ち見をお願いするかもしれません(^^;)
    その時はご協力よろしくお願いしま〜す♪

    特別公演 | 02:05 | author 団長 | comments(0) | - |
    MOMOTARO
    0

      どこかで聞いた事のあるタイトルですねぇ(*^^*)
      先日のブログでマイペースに十夢祭の事を書いていくと言いましたが、理由あって民の皆がブログ書きにくいんだろうなぁという事に気が付いたので、まず私が「MOMOTARO」について簡単にお伝えしたいと思います!!

      いつでも自由人!団長ですヽ(´▽`)/

      さて、何故民の皆が書きにくいかと言いますと、今回は某施設より依頼されている企画公演だからです。
      企画公演の場合、依頼者側が大々的に宣伝を希望する場合と、コンプライアンスがしっかりしている施設の場合には個人情報の都合により宣伝できない場合があります。

      今回の場合、後者にあたり、施設名を出す事はできません。
      他にも気を付けることがあります。
      でもどんな練習をしているのかや、稽古風景は全然ブログに載せて構わないので、取り敢えず私が先に簡単にご報告させていただきますね!

       

      今回のこの作品「MOMOTARO」は皆さんよくご存知の「桃太郎」を元に、十夢オリジナルの作品に仕上げております。
      実はこの作品、過去にも施設で上演させていただきましたし、普段お世話になっている公民館の文化祭でも上演したことのある作品です。

      ですが、過去は朗読劇風に創りましたので、読み手と動き手に別れるという新しい手法で上演していましたが、今回はいつも通り役をもらった人が台詞を覚えて動きます。
      十夢はいつもテンポの速い芝居をしますが、今回は「ゆっくり」「はっきり」「お遊戯風」にやらなければいけません。
      なので役者の皆、結構苦戦してます(笑)つい早くなっちゃうんですよね。

      依頼公演の場合、依頼者に合わせたスピードや演技を求められます。
      昨年度も依頼公演が2回程ありましたが、そちらも比較的「ゆっくり」「はっきり」「お遊戯風」を意識してやりましたので、団員達は普段のスピードは忘れて、過去の依頼公演を思い出してくれるといいですね。
      あとはお客様を意識すること。どういった方が対象なのかをちゃんと意識して練習すれば、自然とできるようになってくると思うのですd(^^*)
      12月15日(土)の本番まで2週間切りました!!
      30分という短いお芝居ではありますが、油断せず、いいお芝居を完成させていきます(^-^)/


      そしてこの「MOMOTARO」。皆さんご存知の「桃太郎」だと思って油断して見ていると、「ん?あれ?こんな展開?(泣)」ってなるかもしれません(笑)
      今回は一般公開しませんが、そのうちまた文化祭等、皆さまにお披露目する日が来るかもしれません!!

      その時には「知っているお話」だと思って油断しないようお気をつけを〜('-'*)フフ

       

      鬼との戦いのシーン練習です!

      特別公演 | 16:35 | author 団長 | comments(2) | - |
      座長公演ご観劇ありがとうございました
      0

        先日、久しぶりに十夢の稽古に参加しました。
        十夢に戻った途端、早速台風に見舞われました!団長です(笑)
        座長公演の間はずっと晴天続きだったのに、本当に不思議です(・・)


        お礼のご挨拶が遅くなりましたが、先日8月5日4日間の座長公演が無事終演しました。
        ご観劇いただきましたお客様、そして観に来れなくても応援メッセージをくださった皆様本当にありがとうございました。
        とても嬉しく勇気づけられました!

        また、この度オファーくださいました主催者の方、凄く優秀なスタッフの皆様、最後まで見放さなかった演出様、一緒に共演してくださった役者の皆様、色々勉強になりましたし、楽しい時間をありがとうございました!

        私にとっては4日間計7回公演するというのは初めての経験でした。
        韓国公演では連日ではあったものの、1日1回でしたからね。
        体力や集中力が持つのか不安でしたが、やっている間はあまり気になりませんでした。
        でも終わった後にさすがにドッと疲れがきました(笑)


        今回の座長公演では芝居をやっているからこその共通点もあれば、プロってこんな感じなんだという驚きや、やっぱり私は素人劇団の座長なんだなぁっていう実感や、もう少しやり切りたかったなぁっていう寂しさや、最後まで諦めなくて良かったっていう安堵感や、たった1ヶ月ちょっとの期間で色んなことを感じる公演でした。


        十夢の中でもそうですが、私はとにかく不器用で動きポンコツ。
        どんなに真面目だと思われようと、十夢の看板背負ってるからには全公演ノーミスを目指しました。


        公演を観に来てくれた方は、出番少なめなので、簡単にこなせると思われるかもしれませんが、色んな諸事情があり、私の役が決まったのは遅く、練習もあまりできない状態で本番を迎えました。
        また、オープニングのシーンは曲のカウントに合わせた動きがあるのですが、ポンコツの私はどうしてもタイミングが合わせられなく、演出様には心配掛けっぱなしでした(-_-;)


        他の役者の方に相談し(その節は優しく教えてくれてありがとうございましたm(_ _)m)、教えを請い、本番前には楽屋でひたすらオープニングの曲をリピートしながらイメトレしてました(^^;

        私一人のミスが芝居をダメにしてしまうなんて絶対に許されない事ですからね。十夢の看板背負ってる責任もありましたが、これは一役者としてやらなければならないこと。
        芝居は1人で作るものではなく、皆で作るもの。
        舞台の上ではプロも素人も関係ありません。
        お客様は「座長公演」を観に来てくださるのですから。
        だから絶対にミスれない!!ホント必死でした(笑)

        自分勝手な芝居をしない事も常に心掛けていましたが、果たして客観的に見ていただいたお客様にはどのように写っていたのか・・・。
        これは座長公演の課題であったと思います。


        今回の座長公演、私にとってはかなり勉強になるものでしたが、まとめて書くには難しいように思います。
        なので、他のブログを書く時に「あ、そういえば!」って感じで小出しにしていけたらいいなぁって思っています!


        また機会があれば、なんでも挑戦していきたいなぁ(*^^*)

         

        特別公演 | 17:31 | author 団長 | comments(0) | - |
        • 1/2PAGES
        • >>