団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
<< 4月23日「月光を継ぐもの」本番!!(前半) | TOP | 曰く付き台本(月光) >>
4月23日「月光を継ぐもの」本番!!(後半)
0

    続きにだいぶ間が空いてしまったので今更かと思いますが、中途半端で終わらせるのは嫌なので舞台の後半を綴ります!団長です!

    体調を崩していたとかではなく、次々回作の事で動いており、書くのが後回しになっておりましたm(_ _)m

     

    舞台の後半ですが、怪我の対処をした後は「役」に戻るべく、まずはいったんフラットな状態にします。
    演劇は文化系の括りに入りますが、基本は役者も体育会系です。
    スポーツの試合をする上で集中力と冷静さは常に持ち合わせていないといけませんが(多分。私の勝手な想像…)、役者をやる上でも同じことが言えます。

    「フラットな状態」にするって、私の苦手分野でしたが、これがとても大切なんだってことが最近ようやく分かってきたし、やれるようになってきました。

     

    私も役者としてそれなりに成長しているのでございます(//∇//)

     

    暫く出番が無いので、舞台裏で他の皆が頑張っているのを見ながらも、集中力は切らしませんでした。

    途中、影の皆は舞台裏で早着替え。お互いに協力し合っている姿はかっこよくも見えるし、微笑ましいなぁとも思えるし、舞台裏でのこの戦いをお見せできたら、舞台上での物語とはまた違った感動をお客様にお見せできるのになぁと思います。
    でも、それを味わえるのも芝居をやっているものだけの特権なのかも(*´`)

     

    そうこうしているうちにもう後半の出番がやってきました。
    なんだか今日はやたらと時間の流れが早い気がする…。

    なので袖へのスタンバイもいつもより早めにしておきました。

     

    後半は前回の公演に比べだいぶシーンを作り替えたので、私にとってはこれからが本当の戦いでした。

    後半はまず緋炎役の「静ちゃん」とのシーン。何度も何度も練習したシーンですが、私の嫌いなシーンの1つでもあります。
    この後、大好きな緋炎が死んじゃうなんて悲しすぎる(T-T)

    そして、前回に比べて確実に言えた事。それは合唱のクオリティが確実に上がっていた事です。
    何度も練習で見慣れているはずの合唱でしたが、あの場に立っていて、あまりに迫力のある合唱に恐怖を感じました。
    そのおかげで私自身「役」としてとても感情移入しやすかったです。

     

    そしてこの後また小道具に関するトラブルが発生しましたが、それに対応するべく急遽ちょっとした演技の変更。アドリブですね!
    私の勝手な判断ですが、役に入りきっていた静ちゃんは戸惑うことなく私に身を委ねてくれました(^^)

    紅葉に切られた後の私達の演技は、見ている人達がドキドキしちゃうんじゃないかと思う位、超至近距離で台詞を掛け合います。

     

    練習中は何度チューしちゃったことか…(ウソウソ)。

     

    でも静ちゃんにとっては一番演出されて、一番悩んで最終的に一番感情が理解できたシーンだったのではないでしょうか。
    このシーンがあったからこそ、死んでしまうシーンをやりきれたような気がします。

     

    そしてこの後、紅葉と衣伏の過去シーンになるのですが、紅葉演じる「うるっしー」が何故か声がかれてしまっていました(゚o゚;
    でもさすが我が劇団の福団長「たし君」!毎回違うアドリブを入れるシーンが1箇所だけあるのですが、上手くツッコミを入れてくれたので、本人や皆の焦りが一瞬にして笑いに変わりました。
    私も例え相方がどんな声であろうと関係ないと思い、いつも通りに接しました(^^)

     

    そしてこの後の記憶が私の中にほぼありません。
    本番終わって日にちが経ってしまったからではなく、本番終った直後にも覚えていませんでした。
    これには考えられる原因が1つあるのですが、それはまた別の内容を書くときに…。

    記憶があるのは自分が紅葉に切られて倒れた後からですね。
    全員がなんとか最後までやり切りました!

     

    どん帳が降りてカーテンコールの準備をするために大道具の裏に回ったら、隠れる幅がリハの時より超〜狭くなってる(;゚Д゚)!
    「何で!?」とうるっしーと二人で驚いていたのですが、動かして戻す時間は無いので、メインキャスト全員壁に沿ってカニさん歩き(笑)
    皆痩せてる人達で良かった…。

    後から聞いた話、どうやら殺陣の時に舞台後方が全体的に後ろに動いてしまったとの事。

    ・・・本当に今回はトラブル続きの公演でしたが、大した怪我もなく、無事終わって良かったです(^^;)


    今回で本番についての内容は終わりですが、もう少しだけ別の視点から「月光を継ぐもの」をお話させて頂きたいと思います。

     

    「月光の話はもういいよ!!」という方は民のブログをお楽しみくださいませ(^^;)

     

     

    作品の事 | 03:13 | author 団長 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする