団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
<< 2月ですが・・・ | TOP | やわちき公演まであとわずか!! >>
ご来場ありがとうございました
0

    暖かい日が増えてきたかと思うと寒い日がやってきますね(∵`)
    こんな時期こそ風邪に十分注意したいものです!
    花粉症で辛そうな人もたくさん見かけるようになりましたが、私はまだ無事ですp(^^)q団長です♪


    さて、後手後手で申し訳ございませんが、先月25日に第15回公演「熟した紅い果実、食べる雌羊」が無事終演しました!
    今更!?と思うかもしれませんが御容赦下さい(^^;

    ご来場くださったお客様、お問い合わせくださったお客様、応援してくださったお客様、本当にありがとうございました!

     


    私は今回「熟食べ」の稽古にはほとんど関わる事が無かった為、予め読んでおいた台本のイメージと、打ち合わせで説明されたある程度のイメージだけで照明プランを作成。
    今回は照明も音響もいつもみたいにバンバン使いません。

    台本の内容的にもシンプルな方が確かに良いのですが、それだけではなく、今回は役者の力量で勝負しました。
    役者の皆はそれに応えようとかなり努力したようです。
    終わったあとの脱力感といったらありませんでした(^^)
    また、その結果はちゃんとお客様から頂いたアンケートに反映されていました。
    内容的にはブルーになる内容で小学生のお子様にはお見せできないのですが、見に来てくださったお客様の感想は意外にも「清々しかった」という感想が多く、演出の狙い通りになったようです。

    私も前日のリハーサルで初めてこの作品を見ましたが皆の成長した姿に羨ましくもあり、成長した子供を見守る母のような心情でもありました(笑)

     

    茜ちゃんは相変わらずの安定感。身体の弱さとは裏腹に、常に上を目指して妥協はしない強い精神を持っています!かなり頼りになる存在なのです!!役の上ではちょっと嫌なタイプのお局様的役でしたが、稽古中は優しく皆を引っ張っていてくれたようです。

     

    静ちゃんは本当に体力が無くて、すぐに疲れちゃう女の子(笑)なのに、本番のあの体力はどこから出てきたのかとびっくりするくらい頑張っていました。きっと彼女の役者としての意地から生まれたのでしょう。静ちゃんは役をやる度に毎回必ず成長してるので見習いたいです!

     

    華ちゃんは普段の性格を上手く役に乗せる事ができていました。最初の頃起承転結の「起」だけを見せてもらった時は役を掴み切れていないようでしたが、本番では大変であろうシーンも上手く乗り切れていました!!謙虚な彼女は皆のおかげだと言っていましたが、華ちゃん自身の努力の賜物なのです(^^)

     

    ふーりんは今回初のメインキャラとして舞台に立ちました。本番近くに一緒に呑む機会があったのですが「団長には舞台で初めて私の芝居を見て欲しいです!」と言っていたのですが、それが実現しました(^^)
    とても堂々としていて、楽しんで演じている姿を見て、ふーりんは女優に向いている!!と、素直に羨ましいと思って公演を見ていました。

     

    なみちゃんは今回の役作り、かなり苦労していましたね。皆それぞれ得手不得手がありますが、短期間で台詞を覚えるのはかなり大変だったようです。役回りもかなり重要な役でしたから二重のプレッシャーだったと思います。でももしかしたら今回役者として一番成長したのはなみちゃんかもしれません(*^^*)

     

    そして今回の主役のあざらん!メインキャラとして舞台に立つのは初舞台でしたが、彼女は他の団員も言っている通り本当に真面目。きっちりやる事はやってくれるのですが、ちゃんと楽しんでくれているかと心配してしまいます。まぁ、本人に聞くとその心配は不要のようですが、本番を見ててもかなり頑張ったんだろうなぁというのが見て取れました(^^)


    少し士気が下がっていた「やわちきメンバー」。熟食べメンバーに負けていられないとやる気が復活したようです(^^;
    やわちき本番まで残り1ヶ月ありません。人数が多くて1人に掛ける時間もほとんどありません。
    でもやらなければならない事が沢山あります。

    一人一人が何をしなければならないのかよく考え、分からなければ演出に聞く。

     

    劇団十夢、たった1回の本番の為に本番直前の最後の最後まで足掻き続けていきますp(^^)q

    作品の事 | 15:23 | author 団長 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする