団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
<< 協力者(その2) | TOP | 11月11日第二回十夢祭り開催予告!! >>
協力者(その3)
0

    お久しぶりです。団長です!
    早めにやわちきシリーズを終わりにしようと思っているのですが最近バタバタと忙しく、前回記事より一か月が経ってしまいました(><)
    もう暫くやわちきシリーズにお付き合いくださいませ(^^;

     

    さてさて最近十夢では基礎練の時間を使って、ガッツリ時間を掛けてコミュニケーションダンス(私の勝手な命名ですよ〜)をしています。
    これがなかなかの体力を消耗するのです!
    いや、多分普通にダンスだけやれば大したこと無いはずなのですが、大声出しながらテンション高くやるので、すぐにヘロヘロになっちゃうのです(^^;

    最近では皆自分なりのテーマを決めてやり始めました。もちろん一緒に組んだ人は相手のテーマに合わせます。
    喜怒哀楽でやる人もいれば設定を決めてやる人、ストーリー性を求めてやる人など、皆本当に芝居が好きなんだなって思いますね。
    ちなみに今のところ私の中で一番疲れる設定は「幼稚園児」です・・・。

    さて、ではでは今回も「やわちき」でお世話になった人をご紹介させていただきます!

    見に来ていただいた方は分かるかもしれませんが、第八部隊副隊長のレオ役を演じてくれた「けいじ君」!!
    彼は団員ではなかったのですよ(^^)

    彼は殺陣を教えてくれたハル君同様、十夢の卒業生です!
    今は自分で朗読劇の作・演出・キャストをこなしているようです。
    当時は分からなかった演出の気持ちが、今では分かり合えたり、むしろ共感できる部分ができて盛り上がれたりと、彼は彼でとても成長していました。

    十夢を卒業してからはすっかり音信不通になっていた彼が何故今回十夢で公演する事になったかというと…。

    十夢は今、慢性的に男不足なのです(><)
    でも決めたからにはどうしても「やわちき」がやりたい。
    そこでもう他の劇団でも誰でもいいからお願いしたい状況に陥ります。
    ・・・って言っておきながら、やっぱり作品を妥協したものにはしたくないので、結局吟味します(笑)

    そして選ばれたのが「けいじ君」!!
    上層部で打合せをしている際に私の中でパッとけいじ君の顔が浮かんだのです電球ぴかぴか

    でも私自信は音信不通だった為、福団長のたし君に代わりに連絡をお願いして、演出含めた4人で会うことに。
    でもあまりに久しぶり過ぎて、本題そっちのけで思い出話に花が咲き、だいぶ飲んだところで本題に^_^;

    でもけいじ君はとても真剣に受け止め過ぎて、その場で返事がもらえませんでした。
    その代わり稽古を見学してみて、仕事との兼ね合いもみて、ちゃんと返事をする事を約束してくれたのです。

    でもそんな見学中、とんでもないトラブルが(゚O゚)
    見学とはいえ十夢は参加型です。一緒にエチュードを考えてくれてる時にテンション上げすぎて後頭部を打って出血するという大騒ぎが!!

    まぁ結果無事だったので安心したのですが、本当に申し訳なかったです。
    でもそれをきっかけに(?)一緒にやってくれることになりました!

    いくら十夢の団員だったとはいえ、朗読劇にすっかり慣れていたけいじ君が一番やりにくかったのはきっと十夢のテンポの早さだったかもしれません。

    それでもちゃんと十夢の意向や方向性を理解してくれて、頑張って合わせようとしてくれました。
    お手伝いという立場なのにも関わらず、私もズケズケと気になる点のダメ出しをしていきました。

    いや〜、悔しかったでしょうね。
    それでも彼はこちらの要望を飲み込んで、次の稽古の時にはかなり意識して言われた点を改善してくれます。
    昔のけいじ君だったらどうだったかしら?
    本人は「昔だってちゃんとやってましたよ」って言うかもしれないけど、私から見ると、やっぱり昔に比べて精神的にも成長したけいじ君を見れて嬉しかったりもしたのです(^^)


    そんなけいじ君とは「やわちき」公演後、またまた音信不通です(笑)
    でもこの距離感がちょうど良かったりします!
    でも今回の「やわちき」ではけいじ君と役で関わることはなかったので、またいつかお願いすることがあったら、その時は少しでも関わる事ができたら嬉しいなぁ。

    もちろんその時だって遠慮なく要望を出すし、けいじ君からも要望を出してもらうつもりです(^^)
    その時「団長下手になりましたね」って絶対に言われないよう、これからも自分を磨いていかなければp(^^)q

     

    仲間の事 | 10:46 | author 団長 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする