団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
<< 第2回十夢祭、無事終演致しました!! | TOP | MOMOTARO >>
桐島家
0

    十夢祭が終わって早10日。早速次の稽古に入りました!
    ですが私は毎回恒例、公演が終わってからの今回の芝居に関わった人達の事を、私の勝手な目線で本番以外の事も含めてお話していきたいと思いますヽ(´▽`)/
    いつでも自由!!団長です♪


    まず今回は「四月になれば彼女は」でメインどころを担当していた桐島家の人々を演じた役者達のお話をしたいと思います。

    桐島家の役者は数人ブログを書いていますが、本人達の気持ちとは別に、あくまでも私の目線で書いちゃいます(笑)


    まずは主役演じた静ちゃん。
    十夢のオリジナル作品はある程度宛役だったりするので、比較的役に入り込みやすかったりします。
    でも今回は既製の台本での主役。かなり大変だったんじゃないかな。
    でも「月光」で緋炎という難しい役も、「熟食べ」での狂気に満ちた役も、「やわちき」では裏方的なお仕事もかなり頑張ってくれた静ちゃんなら、今回の主役を任せても大丈夫だろうと白羽の矢が立ちました。

    なのに・・・暫く経って稽古中にまさかの怪我(T-T)
    暫くの間、稽古をお休みする事になりました。
    でもそこで折れる事なく、彼女は最後まで演出にも耐えて頑張ってくれました!
    さすが「体力無くても根性」の静ちゃんなのです(笑)


    そして姉妹役のふーりん!仲間からも言われていたようですが「四月」で今回一番成長したのは彼女でしょう。ある種の覚悟的なものが見受けられました。
    あきら役を「好きです」と最初から言ってくれていました。
    それもあったのでしょうが、とにかくいつでも一生懸命で役に真剣に向き合っていましたから、その分成長も大きかったです。
    個人的には学校のシーンを何度も一緒に練習していたので、ふーりんとのあのシーンの思い入れは強いです♡


    続きまして彼女達の母親役演じためぐみちゃん。彼女も今回かなり苦労したうちの一人でしょう。
    どう演じたらいいのかまったくの手探り状態(笑)
    でも意外にも(?)彼女には母性本能があります。本人がそう思っているかどうかは別ですが。
    なので、私が団長であるにも関わらず、早い段階から私のことを子供として話し掛けてくれてたのはめぐみちゃんが一番早かったかもしれません。
    いや、「かも」ではないな。
    なのでもっと早い時点から彼女には自信を持って欲しかったかな(^^;


    そしてめぐみちゃんのお姉さん役の望ちゃん!この二人は息がピッタリですね♪本当に姉妹みたいでした(笑)
    そして望ちゃんは常に「四月」のメンバーを引っ張ろうと頑張ってくれていました。皆の頼れる憧れのお姉さんなのです!そしてそれがそのままおばさん役にも良い感じで反映されていました!
    そんな彼女は当然のようにアンケートでも褒められまくっていました。
    次回公演の主役を張るに相応しい女優さんなのですヽ(´▽`)/


    「四月になれば彼女は」
    このタイトルの「彼女」とは一体誰の事でしょうか?
    私の中では上記4人のそれぞれが当てはまると思っています(^^)
    もちろん私の勝手な捉え方です♪

    でも、そう捉えてこのお芝居を見てみると(見に来て頂いた方は、そう思って思い出したりしてもらえると)ちょっとまた違った視線でこの物語が楽しめるのではないでしょうか╰(*´︶`*)╯


    そして、実際は桐島家の血縁ではありませんが、桐島家を彩る黒一点の役を演じたあまちゃん!
    キャラはとっても合っていたのですが、仕事が忙しく後半は体調不良も重なり、稽古にほとんど参加できないというハプニング(T_T)
    ギリギリまでヒヤヒヤしましたが、なんとか本番を乗り切る事ができました(*´`)
    ぶっちゃけ途中で辞退してしまうのでは?と不安にも思っていましたが、私の中では信じるのみ。ちゃんと話を聞いてあげられれば良かったのですが・・・。
    でもちゃんと最後まで投げ出さずにやってくれました!


    桐島家を演じた女性陣は皆強くてしっかりしてますからね(笑)
    お互い助け合って最後まで乗り切りました。
    大変な事も多かったと思うけど、全ては次へと活かされていくのです!


    次の公演もそれぞれの与えられるポジションがありますが、どう頑張っていくか・・・
    それは今回の十夢祭を糧に、役者自身で考えていかなければなりません!


    役者って大変だぁ(^◇^;)

     

    全日の仕込み中、桐島家は何度も台詞合わせをします。必死です!!

     

    こちらはリハーサル風景。2本の通しをする時間が無い為、場通し中。

    作品の事 | 02:08 | author 団長 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする