団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
<< 新聞勧誘員と元恋人の演出家と元同期の幽霊と | TOP | 春だから >>
審査員と黒いスーツのサンタさん
0

    なんだかんだやっていたら、すっかりブログ書くの遅くなってしまいました(;^_^A
    このままあっという間に、本番までのカウントダウンがすぐに始まるんだろうなぁ(-_-;)
    でもライオンズクラブ様との打合せもだいぶ進みました!・・・とは言ってもほとんど演出が対応してくれたのですが(^^;
    でも代表はちょっと頼りないぐらいの方がいいと、いつも勝手に思っています!団長です♪

    さて、遅くなりましたが、第2回十夢祭りのお話は今回で終わりになります。最後を締め括るのは我が劇団十夢の副団長と演出です(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ


    まずは審査員演じた演出!!

    ・・・演じてたのかな・・・(-_-;)
    冒頭しか出てこないのですが、これがまたキャラが濃いのです。いや、むしろナチュラル過ぎて「濃い」ことすら誰も気付かなかったかも(^^;
    いるいる、こういう嫌味で恐い審査員!ってやつなのです。
    でも、どちらかというと、私達役者が演出の言いたい事が伝わらなかったり、やれなかった時に見せるお怒りモードの演出オーラを、芝居でやってみせたって感じでした。

    麻子演じる私は勿論のこと、十夢の団員全員が、演出の演技に怖さで震え上がっていたはずです(笑)
    実際、演出の演技見て皆思わず笑ってましたからね(ひきつり笑いってやつ!!)。
    人は本当に恐怖を感じた時、何故か笑ってしまうという不思議な生き物なのです(´ー`*)ウンウン

    ですがあまり演出の練習に時間を掛けてあげることができなかったからか、本番は何となく、なんとな〜く、緊張しているように見えました!
    演出にも人間らしい部分があったのだと、ホッとしたのも束の間!!
    嫌味な溜め息つかれ、アドリブでさり気なく傷付く言葉を吐かれ、本番中にとことん凹まされました(T^T)

    その後の演出の出番は「声」のみでしたが、こちらもシーンの雰囲気をしっかり作ってくれていました。さすがの一言なのですm(_ _)m

     


    もう、この衣装と立ち方だけでビビります(笑)


    そして最後は今回私の相方をつとめてくれた副団長!!
    おそらく今回一番大変だったのは座長を務めたうるっしーでしょう。

    ある程度台詞が入った後、しかもある程度他の人との掛け合いに慣れ始めた頃に、突然私が相方として参入・・・いや〜、私は私のスタイルでやりますからね。私に慣れるまですっごくやりずらかったと思いますよ(^^;
    もちろん私は私で迷惑を掛けないように速攻で台詞を覚えましたが…(^^;

    基本的に私達の練習は稽古中に時間を取れないので、本番近くまではひたすら放課後練習と個人練習の繰り返し。
    まぁ、幸い過去にガッツリ相方をやっていたこともあり、以前のように無理に必死にコミュニケーションを取る必要がなかったので、ひたすら練習に時間を掛ける事ができました。

    ただ、私は「四月」の作品にも参加していた為、私や演出が「四月」に行っている間は、副団長のうるっしーが他のメンバーの指導をしなければならなかったので、本当に気苦労が絶えなかったと思います。

    でも、周りの子達もそれを理解してたのか、うるっしーの人柄か、とにかくサンタチームは良い意味で皆仲が良かったし、協力的でした(*^^*)

    だからかな。本番もとにかく安定してました!ただ、前半はテンポ良くと演出に言われていたのを意識しすぎて、ちょっと駆け足になってしまった感はありました。
    そして前半の二人芝居の間、2人ともあまりにテンション高すぎてたらしく、演出は袖で見ていて「このままで最後までもつのか!?」とヒヤヒヤしていたそうです(笑)

    まぁ、大きなトラブルもなく、結果無事終わらせることができたのですが(*^^*)

     

    大好評だった、うるっしー演じる黒いスーツのサンタさん♪


    この度、十夢祭をご覧いただいた皆様、応援、ご協力くださった皆様、あらためてありがとうございましたm(_ _)m

    十夢は今、全員で初のチャリティー公演に向けて地獄を味わっています!!お金頂くからには、素人劇団の私たちは地獄を見なければ責任が取れません。
    そんな私たちの次回公演、ぜひ楽しみにしていてください!!そしてこれからも変わらぬ応援、よろしくお願い致します♪

    作品の事 | 15:48 | author 団長 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする