団長は○○である!(仮)

千葉で活動している「劇団十夢」の団長のブログです。よろしくお願い致します。
<< 若さ溢れる四人 | TOP | 最後に >>
大人な人たち
0

    いよいよ残すはリハと本番!最後の役&役者紹介をしたいと思います!団長です!

    まずは今回の物語で私達のリーダーを務める藤堂役の奈美ちゃん!
    奈美ちゃんの実年齢はとても若いので、大人なこちらに書いては申しわけないとも思ったのですが、あくまでも役の上でのお話なので(笑)
    でも実際見た目も大人っぽかったりします!
    藤堂はリーダーなので指示を出したり説明をしたりする事が多いのですが、その分台詞覚えはかなり苦労してましたね。
    感情出せる方が台詞は入りやすいですから。でもどうやったら早く台詞を覚えられるかがある程度明白だったので、台詞を早く覚える為の個人練習を2人でこっそりやりました(^^)
    その後は役作りでもまたまた苦戦(^^;でもここにきて、とても味に深みのある藤堂になってきたと思います。
    仲間からもその成長は認められています!
    今回の藤堂さんのキーワードは「冷静」。
    このキーワードを頭に入れて藤堂演じる奈美ちゃんを見ていただけたら、またちょっと違った視点から楽しんでいただけるかもしれません(*^^*)

     


    続いてはとてもとっつきにくい大人、三上演じる近藤さん!
    最初から印象悪くなるような書き方しましたが、根は良い人なんですよ(笑)ただ、抱えているモノが大き過ぎてとっつきにくい大人になってしまっています。
    今回、近藤さん演じる三上は普段は寡黙な人なので、台詞は少な目です。その代わり殺陣が凄く多い!!
    まぁ十夢一殺陣の得意な人なので、三上さんは近藤さんにピッタリな役です\(^^)/
    でも皮肉にも、三上が許せない、敵であるはずの愚猿に、自分がもっとも近い存在になってしまっています。そんな不思議な感覚を、殺陣のシーンで感じながら見ていただけたら「ただの殺陣」ではなくなり、怖いのに面白いと感じることができると思います✩
    そして・・・今回も申しわけないことに、ほとんど近藤さんの為の練習時間を取ることができませんでした。
    一人一人が意識して、リハーサルでは近藤さんの為の練習時間が取れたらいいなぁと思っています。
    でも、それでも魅せる事ができるのが近藤さんの凄いところなんですけどね(^_-)-☆

     


    そしてメインキャスト最後の役者は、私の相方を務める、守役のうるっしー!!
    ん〜、相方ともなると書きたい事が多過ぎて本当に困ります。なので、どんな感じで役作りしてきたとか、細かい事は思い切って本番終わってから書きましょう(笑)本番見て気になった方は公演後のブログを読んでくれたら嬉しいです♪
    守さんは一言で言ってしまえば「優しい人」なのですが、それだけなら今回うるっしーは全然苦労せずに済んだでしょう。
    でも、守さんは恋人であり、夫であり、父親であり、医者であり、どんなに弱くても愚猿が現れた時には男として、皆を守る立場になります。色んな顔を出さなければなりません。
    だから「難しい!!」が今回のうるっしーのキーワードです(笑)
    迷ったり凹んだり、時には情緒不安定になったり…。でも彼は最後まで逃げませんでした。それどころか私に「遠慮せず思いっ切りやってください」って言ってくれました(*´▽`*)なので私は遠慮せず相方をやらせていただきます!
    男うるっしー、ただの男ではありません!大人な男のうるっしーで、ぜひ本番癒されてくださいませ!!

     

     

    公演情報はこちらから↓

    (チケットのお申し込みはできますが、チケットの郵送がもう間に合わないので、当日受付とさせていただきます。)
    作品の事 | 02:19 | author 団長 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする